シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

プラスチック製スプーンの有料化⁉ その概要とは

2021.10.11

プラスチック製スプーンの有料化とは

レジ袋の有料化に続き、プラスチック製のスプーンなどの有料化への動きが進んでいることをご存知でしょうか。今回は、その概要や2021年春に成立した「プラスチック資源循環促進法」について紹介します。

2021年3月9日、プラスチックごみの削減を目指して「プラスチック資源循環促進」が閣議決定されました。それに伴って、コンビニエンスストアやファーストフード店などで提供される、プラスチック製のスプーンやフォークなどの有料化や代替素材への移行が検討されています。

身近なところでは、2020年7月に全国一斉でレジ袋が有料化されたことは記憶に新しいと思います。ここから、使い捨てプラスチック製品を減らそうとする動きが加速しています。最近、プラスチック製ストローから紙製のものへと変更する飲食店などが増えつつありますが、こうした変化もその一部といえるでしょう。

プラスチック製スプーンの有料化に対しては、賛否両論のいろいろな声があります。賛成側の意見としては、「慣れれば当たり前になる」「以前から使い捨ては『もったいない』と思っていた」など。逆に、反対側の意見としては、「常に携帯しておくのは面倒」という消費者の声だけでなく、「スプーンを使う商品の売り上げが落ちるのでは」「スプーンの代わりに箸をくださいという人が増えるのでは」というお店側の声もあります。

代替素材のスプーンとは

プラスチック製スプーンの有料化への動きにあわせて、代替素材を使ったスプーンが続々と登場しています。たとえば、天然バイオマス材料など土に還る素材を使って作られたスプーンの開発なども行われています。見た目は、プラスチック製のものとほとんど変わりませんが、使い終わった後は微生物の働きによって自然に分解するとされています。従来は、こうした素材を使うと強度や耐久性が確保できないというデメリットがありましたが、そうした点も克服すべく研究が重ねられています。

また、トウモロコシなどの食材を使って作られたスプーンも注目を集めています。スープなどを食べる際にこのスプーンを使った後、そのまま食べたり、適度な大きさに割って料理に使ったりすることもできます。トウモロコシ以外に、じゃがいもの皮を使ったスプーンなども登場しています。通常廃棄されてしまう部分を有効活用できるのも、大きな魅力です。

代替素材のスプーンと聞くと、難しそうなイメージを持つ人もいるかもしれません。でも実際には、ユニークな特徴を持ったものも多く登場しています。プラスチック製スプーンの有料化に関する動向を、これからもチェックしていきたいと思います!