シェアシマレポート

人気のタグはこちら

注目の植物乳「アーモンドミルク」を知る

2021.10.27

「乳」と聞いてまずイメージするのは、母乳や牛乳など動物の母体から赤ちゃんに飲ませるための液体でしょうか。実は、「乳」という単語は色や食感が動物乳に類似した植物原料の飲料を指す場合にも使われます。豆乳やココナツミルクには確かに「乳」「ミルク」が入っていますよね。

今回はそんな植物乳の中でも人気急上昇中のアーモンドミルクについてレポートします。

<液状にすることで消化吸収率がアップ>

アーモンドミルクはその名の通り、アーモンドを原料にした植物性の乳です。水に浸してふやかしたアーモンドをミキサーなどで細かく砕き、ろ過して作ります。ちょうど大豆から豆乳を作るのと同じような作り方です。スーパーの乳製品売り場でも販売されていることが多く、気軽に購入できます。牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」と呼ばれることもあるようですね。

アーモンドにはオレイン酸、ビタミンE、食物繊維などが豊富で、そのまま食べてもさまざまな栄養を摂取できます。アーモンドミルクでは細胞壁を砕いて液状にしますので、より効果的に栄養素を吸収できるのです。牛乳や投入に比べて低糖質・低カロリーなので、ダイエットにもぴったり。しかも豊富な栄養素で健康や美容面でも効果も期待できます。

市販品は、そのタイプにより飲みやすくおいしい味重視のもの、砂糖不使用でアーモンドミルク本来の栄養重視のもの、さまざまなフレーバーつきのものなどラインナップが豊富です。

アーモンドの含有率も製品により約3~12%と幅があります。栄養成分表示などで確認してみると良いでしょう。

舌触りはさらりとしていて、味わいもすっきりとしており舌残りもあまり感じられない軽い飲み口のものが多いという特徴があります。アーモンドの香り、風味がありますが、豆乳のような癖はなく、飲みやすいと感じる人が多そうです。

飲料としてそのまま飲むだけでなく、料理に使うのもおすすめです。カレーやポタージュなどスープのベースにすると牛乳を使う時とは一味違った味わいが楽しめます。アーモンドの風味を生かしてスイーツにアレンジするのもよさそうですね。

なお、市販品では砂糖などの糖分が添加されている商品が多いので、飲みすぎて糖分の過剰摂取にならないように気をつけましょう。またアーモンドアレルギーがある場合にはアーモンドミルクでもアナフィラキシーショックを起こす場合があるので、注意が必要です。

植物乳には豆乳、アーモンドミルクのほかにもライスミルク、ココナツミルク、オーツミルク、ピーナツミルク、ヘンプミルクなどまだまだ種類があります。日本市場でこれらの多様な植物乳がどこまで受け入れられるのか、今後も注目です。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 おやいづ製茶
健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2021.12.06

スイッチを押すだけでOK!「発酵フードメーカー」の魅力

発酵フードメーカーが人気の理由とは 発酵食ブームが続き、美と健康への効果などが注目を浴びていますね。昨今人気の発酵食といえば、甘酒や塩麴、自家製ヨーグルトなど。家庭で手作りしている人もいるかもしれません。一方、温度管理など初心者や忙しい人には難しい点も多く、「せっかく仕込んだのに途中で失敗してしまった」という話もよく聞きます。 そんな時に活躍するのが「発酵フードメーカー」です。温度を管理したり途中で混ぜたりという手間が不要で、材料を用意してスイッチを押すだけで発酵食が完成します。発酵フードメーカーがあれば甘酒や塩麴、ヨーグルトのほかに、カッテージチーズ、サワークリーム、西京味噌、ワインビネガーなどいろいろな発酵食を気軽に手作りすることができます。 発酵フードメーカーの選び方と活用方法 発酵フードメーカーと一口に言っても、メーカーごとにさまざまな商品があります。たとえば、「牛乳パックのままヨーグルトが作れる」「長時間連続して保温できる」「1℃ずつ温度管理ができる」など、商品によってアピールポイントが異なります。 そのため、発酵フードメーカーを選ぶ際にはまず「どんなものを作りたいのか」を確認するようにしましょう。「いろいろな発酵食を作りたい」という場合は多機能モデル、「ヨーグルトを作るためだけに使いたい」という場合は、シンプルな機能のものを選ぶのがおすすめです。 発酵フードメーカーの種類によっては、肉や魚などの低温調理をすることも可能です。これは「一定の温度を保つことができる」という特徴を生かしたもの。一般的に温度管理が難しいとされる鶏ハムやローストビーフ、コンフィなどの料理が初心者でも失敗なく作れます。 実は我が家にも発酵フードメーカーがあり、甘酒やヨーグルトをよく作っています。材料があれば簡単に手作りできるので、「朝食用のヨーグルトが切れていた!」という時などの買い物の必要がなくなり、とても重宝しています。手作りならではのおいしさや楽しさが日々感じられ、それも大きな魅力です。 発酵食が大好きな人はもちろん、これから発酵食を取り入れたいという人にもおすすめの発酵フードメーカー。発酵食を日々の食生活に取り入れて、健やかに過ごしたいですね。
スイッチを押すだけでOK!「発酵フードメーカー」の魅力
NEW 2021.12.01

人と環境にやさしい植物性ミルク「オーツミルク」って知っている?

オーツミルクってどんなもの? 豆乳やライスミルク、アーモンドミルクに続き、新しく登場した植物性ミルク「オーツミルク」。その味わいや健康効果が話題を集めていることをご存知でしょうか。オーツミルクは、牛乳アレルギーなど乳製品が体質に合わない人や、ビーガンの人たちにも支持されています。今回は、オーツミルクの特徴やおすすめの飲み方・食べ方を紹介します。 まず、オーツミルクの主原料は、オーツ麦。別名「えん麦」とも呼ばれる穀物の一種であり、オートミールやグラノーラなどにも使われています。オーツミルクは、オーツ麦を水に浸して混ぜ、裏ごしして作られます。他の植物性ミルクに比べて、味にクセが少なく、クリーミーでほのかな甘みがあるのが特徴です。 市販のオーツミルクは無添加の素朴な甘さのもののほか、砂糖などで甘さを付けたものや栄養素を加えたものなどさまざまなタイプがあります。インターネット通販やスーパー、コンビニエンスストアなどでも購入することができます。 オーツミルクにはさまざまな栄養が含まれており、特に食物繊維を豊富に含有しています。注目すべき点は、オーツミルクの食物繊維には、ベータグルカンが多く含まれているということ。ベータグルカンは悪玉コレステロールの抑制や生活習慣病の予防に効果が期待されています。 他の植物性ミルクと比較して、オーツミルクは原料が穀物であるため、カロリーや糖質はやや高いとされています。ただクリーミーな風味があり、物繊維が豊富に含まれていることから、少量でも満足感を得やすいです。 オーツミルクの飲み方・食べ方とは オーツミルクはそのまま味わうこともできますが、アレンジすることで飽きることなく楽しめます。簡単なアレンジ方法としては、牛乳の代わりにオーツミルクを使ってカフェオレや抹茶オレを作ること。このほか、昨今ブームになっている「ゴールデンラテ」に使うのもよく合います。ゴールデンラテとは、ターメリックというスパイスに牛乳などのミルクを加えて温めた飲み物のこと。栄養価の高いターメリックを手軽においしく摂取できます。 また、オートミールにオーツミルクを加えて朝食を作るのもおすすめです。ホットケーキや焼き菓子などを作る際に、牛乳や豆乳の代わりにオーツミルクを使うのもよく合います。普段の飲み物やお菓子づくりなどにオーツミルクを使ってみると、意外なおいしさを発見できるかもしれません。 昨今のオートミールブームとともに、じわじわと人気を集めているオーツミルク。気になる人はぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。
人と環境にやさしい植物性ミルク「オーツミルク」って知っている?
NEW 2021.11.29

コロナ禍で需要拡大!「微アルコール飲料」の魅力とは

微アルコール飲料とは 微アルコール飲料というのは、アルコール度数が1%以下のドリンクのこと。コロナ禍での生活様式の変化により海外ではすでに人気を集めていますが、日本においても人気が高まりつつあります。この記事では、その動向とともに、微アルコール飲料の魅力を紹介します。 微アルコールが人気を集めている大きな理由は「楽しみ方が多様である」ということ。アルコール度数が低いため酔いにくく、「アルコールが苦手」「次の予定があるのでアルコールを控えたい」という人も楽しむことができます。ただし、アルコールを含んでいるため飲んだ後は運転ができません。また、20歳未満の人は法律により飲むことができないので、注意するようにしましょう。 気になる味ですが、微量とはいってもアルコールが含まれており、独特の旨味などは残っています。従来のノンアルコール飲料では物足りないと感じていた人も、満足しやすいといえるでしょう。つまり、アルコールに弱い人だけでなくお酒が好きな人も幅広く楽しめるという魅力があります。 ちなみに、微アルコール飲料はアルコール度数が1%未満であることから、税制上ではノンアルコールと同じ扱いになり酒税がかかりません。商品には「ビールテイスト飲料」「炭酸飲料」などと表記されています。 微アルコール飲料の人気商品を紹介! いろいろな微アルコール飲料が登場していますが、ここではおすすめの商品を2つ紹介します。 ひとつ目は、ビール独特の旨味やコクが味わえる「アサヒビアリー」。ビールを醸造した後、アルコール分だけを取り除く「脱アルコール製法」によりつくられており、アルコール度数0.5%とは思えない複雑な香りが残っているのが特徴です。 二つ目は、オーストラリア産の麦芽とホップを使った「ブローリープレミアムラガー」。アルコール度数は0.9%以下であり、100mlあたりのプリン体を1㎎未満に抑えるなど、健康に配慮した商品になっています。 ここではビールを2種類紹介しましたが、微アルコール飲料の人気は、ビールだけでなくワインや日本酒にも広がっています。気になる人は、ぜひ味わってその魅力を感じてみてはいかがでしょうか。
コロナ禍で需要拡大!「微アルコール飲料」の魅力とは
NEW 2021.11.24

アフターコロナ時代に「完全食」が注目される理由とは?

完全食の意味と、注目を集める理由とは 完全食とは、完全栄養食のこと。必要な栄養をしっかりと含む食品であることを意味しています。もちろん一日に必要とされる栄養素の量は、年代や性別、生活スタイルなどにより変化します。ここでいう必要な栄養というのは、厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」をもとに設定したものです。 たとえば、商品のパッケージなどで目にする「1日に必要なビタミンCが摂取できる」「鉄分が一日に必要な量の1/2配合されている」といった文言は、この基準をもとにしています。栄養素のなかには、ビタミンやミネラル、たんぱく質、炭水化物などさまざまな種類があります。 忙しい現代人にとっては、バランスの良い食事を心掛けているつもりでも、すべての栄養素を常に充足することはなかなか難しいかもしれません。こうした背景とともに、新型コロナウィルスの長期化による健康への意識の高まりや自炊する機会の増大などが重なって、完全食へのニーズが高まっています。 完全食の具体例は? 完全食と聞いて、新しい食品をイメージする人もいるかもしれません。でも実は、身近な食材にも該当するものが多くあります。 代表的な例としては「卵」です。日々必要とされる30種類の栄養のうち、ビタミンCやクロム、食物繊維を除き多くの栄養を含んでいます。その他、玄米や納豆、バナナなども多くの栄養をバランスよく含有しているという点で、完全食といえます。 それに対して、最近登場したのが栄養計算をもとに開発された完全食もあります。いろいろなタイプがあり、たとえば水や牛乳などで溶いて飲むドリンクタイプやごはんやパンの代わりに食べる主食タイプ、持ち運びにも便利なグミタイプ、汁物として食べるスープタイプなど。手軽に食べられるものから加熱などの調理が必要なものもあり、価格も多種多様です。目的やニーズに応じてチョイスすることができます。 完全食はダイエット中の人たちの支持からも集めています。いつもの食事を置き換えるものや、食事にプラスして栄養補給するものもあります。上手に利用すれば、健やかな食生活を実現に役立つかもしれません。気になる人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
アフターコロナ時代に「完全食」が注目される理由とは?