シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

焼き芋の栄養|昨今ブームの「冷やし焼き芋」とは

2021.11.15

焼き芋の栄養とは?

子どもから大人までは幅広い年代に人気がある、焼き芋。おやつ代わりに食べることも多いので、「カロリーが多いのでは」「ダイエット中は避けるべき?」と感じている人も多いでしょう。実は焼き芋には栄養がたっぷり含まれており、少し工夫すればとてもヘルシーな食材として楽しむことができます。そこで今回は、焼き芋の栄養やおすすめの食べ方について紹介したいと思います!

焼き芋には、腸内の調子を整える働きが期待できる「食物繊維」が豊富に含まれています。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、さつまいもはどちらの食物繊維も含有しています。また、抗酸化作用や免疫力アップなどが期待できる「ビタミンC」もたっぷりと含まれています。さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強いとされており、焼き芋にしてもしっかり摂取することができます。

このほか、さつまいもに特徴的な成分として「ヤラピン」があります。この成分にはデトックス効果が期待でき、食物繊維と一緒に摂取することで効果が高まるといわれています。皮の近くに多く含まれているので、ぜひ皮ごと食べるようにしましょう。

昨今ブームの「冷やし焼き芋」の魅力

焼き芋は温かい状態で食べると「血糖値が急上昇しやすい」といわれています。血糖値の上昇率から算出される「GI値」によれば、生のさつまいものGI値は55であるのに対して、焼き芋にすると100前後まで上がります。もともと、さつまいもはイモ類などのなかではGI値の低い食材ですが、調理法によってGI値が大きく変化するということです。

ところが焼き芋を冷やすと、糖化したデンプンの一部が「レジスタントスターチ」と呼ばれる消化しづらいデンプンに変わります。この変化により血糖値の上昇が抑えられるだけでなく、少量でも満腹感を得ることができます。ちなみに私自身も冷やし焼き芋をよく食べますが、おいしく体にやさしいことから、とても気に入っています。

冷やし焼き芋は、焼き芋を冷ますだけで手軽に作ることができます。焼き芋の新しい食べ方として、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。