シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

スイッチを押すだけでOK!「発酵フードメーカー」の魅力

2021.12.06

発酵フードメーカーが人気の理由とは

発酵食ブームが続き、美と健康への効果などが注目を浴びていますね。昨今人気の発酵食といえば、甘酒や塩麴、自家製ヨーグルトなど。家庭で手作りしている人もいるかもしれません。一方、温度管理など初心者や忙しい人には難しい点も多く、「せっかく仕込んだのに途中で失敗してしまった」という話もよく聞きます。

そんな時に活躍するのが「発酵フードメーカー」です。温度を管理したり途中で混ぜたりという手間が不要で、材料を用意してスイッチを押すだけで発酵食が完成します。発酵フードメーカーがあれば甘酒や塩麴、ヨーグルトのほかに、カッテージチーズ、サワークリーム、西京味噌、ワインビネガーなどいろいろな発酵食を気軽に手作りすることができます。

発酵フードメーカーの選び方と活用方法

発酵フードメーカーと一口に言っても、メーカーごとにさまざまな商品があります。たとえば、「牛乳パックのままヨーグルトが作れる」「長時間連続して保温できる」「1℃ずつ温度管理ができる」など、商品によってアピールポイントが異なります。

そのため、発酵フードメーカーを選ぶ際にはまず「どんなものを作りたいのか」を確認するようにしましょう。「いろいろな発酵食を作りたい」という場合は多機能モデル、「ヨーグルトを作るためだけに使いたい」という場合は、シンプルな機能のものを選ぶのがおすすめです。

発酵フードメーカーの種類によっては、肉や魚などの低温調理をすることも可能です。これは「一定の温度を保つことができる」という特徴を生かしたもの。一般的に温度管理が難しいとされる鶏ハムやローストビーフ、コンフィなどの料理が初心者でも失敗なく作れます。

実は我が家にも発酵フードメーカーがあり、甘酒やヨーグルトをよく作っています。材料があれば簡単に手作りできるので、「朝食用のヨーグルトが切れていた!」という時などの買い物の必要がなくなり、とても重宝しています。手作りならではのおいしさや楽しさが日々感じられ、それも大きな魅力です。

発酵食が大好きな人はもちろん、これから発酵食を取り入れたいという人にもおすすめの発酵フードメーカー。発酵食を日々の食生活に取り入れて、健やかに過ごしたいですね。