シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

「ハードセルツァー」の持つ次世代アルコール飲料としての可能性

2022.01.05

日本国内での人気爆発までカウントダウン、今は導火線がじりじりと短くなっている最中と思われる新ジャンルアルコールをご存じですか。その名も「ハードセルツァー」。2019年頃からアメリカで人気が出始め2020年には欧米最先端トレンドに。2021年には米コカ・コーラ社の38年ぶりのアルコール市場参入の目玉となり、大ブームを巻き起こしています。

<ヘルシー志向に合致したアルコール飲料>

ハードセルツァーの語源はアルコール含有を意味する「ハード」と炭酸水を意味する「セルツァー」。響きが良くシャープなイメージの造語ですよね。

語感に違わず、ハードセルツァーは非常にシンプルかつおしゃれなアルコール飲料です。サトウキビ由来を主とするアルコールにフルーツフレーバーを加え炭酸水で割ったハードセルツァーは、グルテンフリー、低糖質、低カロリー。健康への意識が高いZ世代はもちろんのこと、日常的な飲酒習慣のない層にも刺さる新ジャンルアルコールとして新市場を開拓できるのではないかと期待が高まっています。

日本でも2021年に入ってオリオンビール、サッポロビール、日本コカ・コーラなどから相次いでハードセルツァーが発売されています。

<缶チューハイの巨大市場に食い込むか>

果たしてハードセルツァーはビールでもチューハイでもハイボールでもない選択肢として日本に定着するでしょうか。

ハードセルツァーはビールよりも酒税の税率が低くなっています。カロリーもビールよりも低いですね。またハードセルツァーにはビール、あるいはハイボールの後ろにあるウィスキーに見られるような既存のイメージがなく、古い酒文化とは一線を画した新ジャンルのアルコール飲料という印象があります。

ハードセルツァーと同じくフルーツフレーバーの炭酸アルコール飲料といえば、日本には缶チューハイという巨大市場があります。缶チューハイには甘く低アルコールの主に女性向け商品とストロング系と言われる高アルコールの主に男性向け商品がありますが、ハードセルツァーのターゲットは性別を区別しません。甘くなくスッキリと飲めて、悪酔い・泥酔しないハードセルツァーは、男女とも飲めるおしゃれでライトな新感覚次世代アルコール飲料として受け入れられる可能性が充分にありそうです。

今後は大手飲料メーカーだけでなく、各地のクラフトビールメーカーなども参入してくることが考えられます。ハードセルツァー市場がどこまで広がるか、今後も注目です。