シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

寒い季節こそ楽しみたい「ホットワイン」

2022.02.02

暑い日に飲むキンキンに冷えたビールは格別です。しかし日本には四季があり、寒さが厳しい冬が巡ってきます。そんな寒い冬に凍えながら飲むビールも乙なものではありますが、やはり温かいアルコールがあると嬉しいですよね。

温かいアルコールといえば日本酒の熱燗・ぬる燗がありますが、日本酒を飲みなれない人にはとっつきにくいかもしれません。普段ビールで乾杯してワインやウィスキーなどの洋酒を好む人には「ホットワイン」がおすすめです。

<スパイシーでほんのり甘いクリスマスの味>

ホットワインはワインに香辛料や甘さ、果物を加えて温めた飲み物で、特にヨーロッパでは古くから飲まれています。ちなみにこの「ホットワイン」は和製英語であり、本場ドイツでは「グリューワイン」、アメリカでは「モルドワイン」と呼ばれています。

赤ワインに香辛料や果物を加えた豊潤で風味豊かなものをイメージしがちですが、白ワイン、ロゼワインでもおいしく作れます。白ワインに生姜や柑橘類を加えれば、スッキリとした上品な味わいが楽しめますね。甘い果物やシロップを使えば口当たりよく飲みやすくなるほか、香辛料の風味とともに血行を良くして身体を温めるなどの薬効も期待できます。単にワインを温めて飲むのではなく香辛料を加えるようになったのは、極寒の冬を少しでも温かく過ごす知恵なのかもしれません。

ホットワインはレストランやカフェなどで飲むだけでなく、自宅で気軽に作れます。小さ目の鍋にワインを入れて弱火でゆっくりと温めるか、電子レンジで湯気が立つ程度に温めます。飲み残してしまったワインでもホットワインにすればおいしく飲みきれますし、購入するのであれば数百円から千円程度の手ごろな価格のものでも充分においしくできますので、気軽なものを買ってみましょう。

味を決める香辛料や果物に決まりはありませんので、好みのものを使ってみましょう。一般的に香辛料はシナモンやクローブ、スターアニス、果物は柑橘類やリンゴがポピュラーです。リンゴやイチゴ、ブルーベリーなども加えた果物が主役のホットワインはデザートとして飲んでも良さそうですし、赤ワインにマーマレードジャムを入れただけの簡単ホットワインは驚きの美味しさです。最近では専用の香辛料ミックスも市販されていますので、こういったものを使うと手軽ですし、温めるだけの調味済みワインも多数販売されていますので、楽しく選んでみてください。

ホットワインは厳しい寒さに耐えるだけではなく、冬を楽しむ大人の飲み物と言えそうですね。冬の長い夜、ホットワインを片手に少し照明を落とし、ゆったりと音楽鑑賞や映画鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。