シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

アンチエイジングにも!? 最近話題の「アスタキサンチン」とは

2022.02.16

「アスタキサンチン」とは

食べ物で体の内側からアンチエイジングをしたいという人が増えています。そんななか、最近話題になっている成分「アスタキサンチン」をご存知でしょうか。この記事では、アスタキサンチンの概要や、多く含む食材などについて紹介したいと思います。

アスタキサンチンは天然色素「カロテノイド」の一種であり、強い抗酸化作用が期待できるといわれています。同じカロテノイドの仲間としては、トマトに含まれる赤い成分「リコペン」やニンジンが含有する橙色の成分「ベータカロテン」などがあります。

アスタキサンチンは目や脳の疲れの緩和や美肌効果、動脈硬化の予防などに効果が期待できる成分であり、さまざまな研究が進められています。

アスタキサンチンを多く含む食材

アスタキサンチンは、エビやカニ、鮭、鯛、イクラなど赤い海産物に多く含まれています。エビやカニは、生きている状態では濁った色をしていますが、火を加えることで赤色に変わるのが大きな特徴です。これに対して、マグロは赤い色をしていますが加熱しても赤色には変化しません。このことから、マグロの赤色はアスタキサンチンによるものではないといえます。

では、アスタキサンチンを効率よく摂取するにはどのような食べ方をすればよいのでしょうか。アスタキサンチンは油に溶け出す性質があるため、油を使って調理するのがおすすめです。たとえば鮭の場合であれば、ソテーやムニエルにするという食べ方があります。

鮭はアスタキサンチンを多く含むだけでなく、ビタミンB12やビタミンD、ビタミンE、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)なども豊富に含まれています。皮の部分には美肌には欠かせないとされるコラーゲンも多く含まれているため、皮も一緒に食べるようにしましょう。

最近は、アスタキサンチンを手軽に摂取できるサプリメントなどもよく見かけるようになりました。海産物から成分を抽出するのはとても難しいため、サプリメントの原料には「トマトコッカス藻」という植物を使う場合が多いです。この植物は良好な環境では緑色ですが、環境が厳しくなるとアスタキサンチンを作って身を守ります。

最近注目されている成分、アスタキサンチン。その概要を把握し、必要に応じて摂取することで健やかに過ごしたいですね!

◎「シェアシマ」で”アスタキサンチン原料”を探す!