シェアシマレポート

人気のタグはこちら

時代は「紙ストロー」?急速に広がるプラスチック製ストロー廃止の動き

2019.10.09

ストローが取り巻く環境汚染

世界的な環境問題に発展している廃棄プラスチックによる海洋汚染。これを受けて近年、使い捨てプラスチック製品の使用を規制・廃止する動きが急速に広まっており、中でもプラスチック製ストローがクローズアップされています。きっかけの一つとなったのは、2015年に撮影されてSNSで広まったある動画。米テキサスA&M大学でカメを研究しているチームが、コスタリカの沖合で助けたウミガメの鼻孔からくしゃくしゃに潰れて茶色くなったストローを取り出す、という痛々しいものでした。ストローをすべて取り出すまでの所要時間は約10分。動画は瞬く間に拡散され、世界中の人々に衝撃を与えました。

そんな中、プラスチック製ストローの代替品として注目されているのが「紙製ストロー(以下、紙ストロー)」。その名の通り、主にクラフト紙で作られたストローのことで、土に還ることができる点が魅力です。外資系企業ではすでに紙ストローの導入を始めており、スターバックスでは2020年までに世界中の全店舗でプラスチック製ストローを廃止し、紙製ストローや堆肥化可能なプラスチック製ストローを使用すると発表。加えて、ストローを使う必要のないフタを提供する予定だといいます。またディズニーでは、2019年までに世界中で運営する全施設において、プラスチック製ストロー及びマドラーの使用を禁止することを決定しました。

日本企業はというと、「ロイヤルホスト」を展開するロイヤルホールディングスが2018年11月中旬より、同社グループ内の一部店舗においてプラスチック製ストローを廃止し、お客様から要望があった場合は紙ストローを提供すると発表。また、飲食店などの経営、開発及びコンサルティングを行うゼットンが、自社で運営する複数のレストランで紙ストローを導入すると発表し、日本製紙の紙ストローを飲食業界で初めて採用するとあって話題になりました。

ところが紙ストローには課題も残っています。まずプラスチック製に比べて5~10倍の製造コストがかかるといわれており、にもかかわらず耐久性の低さが指摘されています。また、原紙をらせん状に巻いて製造していることから、接着剤の使用や紙の粉が生じる可能性も懸念点として挙げられています。消費者側の視点でいうと口当たりに不快感を覚える人もいることから、紙ストローが定番化するまでにはまだ少し時間がかかると思われます。

とはいえ時代の流れは紙ストローに向いており、今後導入する企業も少なくないでしょう。ただ一つ忘れてはならないのは、こうした問題は企業側だけの責任ではないということ。そもそも本当にストローを使って飲む必要があるのか、企業側に対して過剰な要求をしていないか。そうした疑問を一人ひとりが自分に問いかける必要があるかもしれません。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 株式会社わかさ生活 おやいづ製茶
キャンペーンバナー 健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2020.04.01

旬の果物「柿」を丸ごと利用する方法とは?

秋から冬にかけて旬を迎える人気の果物「柿」。熟れた果実を生のまま食べるのも美味しいですが、葉もヘタも余すところなく利用できるのをご存知でしょうか。今回は、先人の知恵の宝庫とも言うべき、柿の利用法をご紹介したいと思います! まずは、柿の葉を利用して「柿の葉茶」を作ってみましょう。7~8月頃の緑色の葉を使います。渋柿でも甘柿でもどちらでも利用できます。葉を摘んだ後、数時間天日で干してから切り刻みます。その後、せいろなどに入れて10分ほど蒸し、カラカラになるまで陰干しすれば出来上がり!熱湯を注いで数分待つだけで美味しくいただけます。柿の葉にはビタミンCが豊富に含まれ、風邪予防などに昔からよく飲まれてきました。やさしい甘味があって飲みやすいですし、ノンカフェインなので子どもや妊娠・授乳中の方にもおすすめです。 また柿の葉には殺菌効果があるとされ、「柿の葉寿司」などにもよく使われています。酢飯の上にサーモンやしめさばなど具材を乗せて、柿の葉で巻いたお寿司は素朴でありながらも滋味あふれる一品ですよね!現在のような保存技術がなかった時代ならではの、自然の恵みを活用した食の知恵と言えそうです。 次に、柿のヘタの利用法についてご紹介しましょう。「ヘタは捨てている」という方が大半だと思いますが、生薬名では「シテイ」と呼ばれ、漢方薬にも使われているんです!成熟したヘタを乾燥させたものをスパイスや生姜などと煮詰めた「シテイ湯」という飲み物は、1000年以上前の書物にも登場しています。そもそもしゃっくりは胃のけいれんによるもので、冷えや熱がこもっていることが原因とされていますが、その不調を緩和する効果があるようですね。 生で食べるのには適さない「渋柿」もいろいろな用途に使うことができます。有名なところでは「干し柿」がありますね。冬に柿の木が多い里山などに行くと、軒先に干し柿を吊るしている風景をよく見かけます。干すことによって渋さが抜けて、甘さだけが残るので、とても美味しくいただけます。そのまま食べるのはもちろん、神社などのお供え物や、砂糖の代わりの甘味付けとしても使うことができます。 完熟した柿がたくさんある場合には、「柿酢」を作ってみるのもおすすめです!保存瓶などに、完熟柿を手でつぶして入れておくだけで作れます。小さな泡が出てきて発酵が進むのですが、アルコール発酵を経て、酢に変わっていく様子は眺めているだけでもとても面白いです。昔は、各家庭でよく作られていたそうです。 無駄なく余すところなく食べられる柿には、自然の恵みを楽しむ先人の知恵が詰まっています。柿の葉やヘタ、渋柿などが手に入ったら、ぜひお試しくださいね。
旬の果物「柿」を丸ごと利用する方法とは?
2020.03.09

食品ロスと貧困を改善するフードバンクとは?

日本では本来食べられるのに包装の破損や過剰製造、印字ミスなどの理由によって流通することができずに廃棄される食品が年間で約643万トンもあります。日本全体での食品廃棄は1,561万トンなので、3割以上も占めています。このような現状があるにもかかわらず、現在日本では貧困生活で困っている17歳以下の子供が全国で約280万人もおり、子供のうち7人に1人が貧困生活を強いられています。 そんな食品ロスと貧困問題を改善するべく行われているフードバンク活動というのをご存知でしょうか。 フードバンク活動というのは、まだ安全に食べることが可能であるにも関わらず、廃棄してしまう食品などを企業や個人から無償で寄贈を受けて、生活に困っている人や福祉系の団体に無償で提供する活動です。 元々は海外で始まったこの活動も日本で2006年頃から始められ、日本全国に約70近い団体が活動するまでになりました。このフードバンク活動は食品ロスを軽減するだけでなく、生活困窮者への支援も兼ねているので、一石二鳥の社会貢献となります。 フードバンク活動の流れ (1)まず安全に食べられるのに処分されてしまう食料を企業や個人から買い取ります。種類は様々で、乾麺やレトルト食品、飲料水など、常温で保存がきく食料がメインとなっています。 (2)寄贈を受けた食品を当然無駄にしないため、賞味期限別に分類して、安全に生活困窮者の方々に提供をしています。 フードバンク活動によって、現在食品の取扱量は判明しているだけでも約3,800トン以上も食品ロスの削減することができています。 しかし、日本ではまだ認知度が低く、利用者や寄付者のつながりが浅い状態であり、組織の運営基盤が確立できていないのが現状です。 まだまだ改善できる食品ロスとフードバンク活動ですが、皆さんの周りにも、寄贈を募っているフードバンク活動団体かいるかもしれません。もし在庫を抱えていて、そのまま廃棄してしまうような食品がある場合には、手軽な社会貢献として寄贈して食品ロス削減を目指してみませんか。また、こういったフードバンク活動と並行してそれぞれが食べ残し、作りすぎなどを改善して、食品ロス削減に取り組んでみてはいかがでしょうか。
食品ロスと貧困を改善するフードバンクとは?
2020.02.26

遂に飲食店にもサブスクリプションモデルの波がやってきた!導入事例をご紹介!

最近よく耳にすることが多い「サブスクリプションモデル」。モノではなく利用する期間に対して料金が設定されたサービスのことで、音楽業界などエンタメの世界で主に聞かれるサービスでしたが、ここ数年で飲食業界にもこの波が押し寄せてきています。 このサブスクリプションモデルは、毎月一定の売上を先に確保できるところが飲食店側にはメリットとなります。上手く活用することができれば今後もどんどん導入する飲食店が増えてくるのではないでしょうか。 今のところはまだ導入してる店舗はまだまだ少ないので、物珍しさから各メディアで取り上げられたり、新規顧客の獲得も期待できます。 では、実際にどのような飲食店がこのサブスクリプションモデルを導入しているのか、その事例をいくつか紹介していきたいと思います。 まず最初にご紹介するのは、新宿に店を構える「coffee mafia(コーヒー マフィア)」。 クイックカップのドリンクが無料で飲める「3,000円コース」と、店で販売している全てのドリンクが無料になる「6,500円コース」の2種類の月額定額サービスがあります。クイックコーヒーは1杯300円なので、「3,000円コース」であれば月に10回以上来店すれば元は取れる計算になります。 六本木にあるフレンチワインバー「Provision(プロヴィジョン)」では1カ月の間に何度来店しても、フレンチのコースやワインを4名まで月額30,000円で楽しめると大人気の月額定額サービスがあります。ただあまりの人気ぶりに、現在は規定会員数に到達していて募集はしていないみたいです。 サブスクリプションモデルは、こういった飲食店だけのものではなくアプリでも導入されています。 「HIDEOUT CLUB」は東京のBARが加盟しているアプリで、月額料金1,500円で加盟店でのウエルカムドリンクが毎日1杯無料で飲むことができます。 「FOOD PASSPORT」は大阪の400以上の飲食店が加盟しているアプリで、月額料金980円で余剰食材を使った料理を1カ月に10回食べることができます。 今後はこういった店単体のものだけではなくアプリとして導入していく飲食店は増えてくるかと思います。飲食店側は新規の顧客を呼び込めますし、消費者側は使えば使うほどお得が得れます。飲食店のサブスクリプションモデルについては今後も注目していきたいです。
遂に飲食店にもサブスクリプションモデルの波がやってきた!導入事例をご紹介!
2020.02.19

都会の真ん中でニワトリ飼育!フードロス解決と食材調達の一石二鳥!

今、フードロスを減らすためにあらゆる取り組みが世界中で実施されています。野菜クズなどをペットの餌として食べさせるということも意外な対策のひとつ。そんな中、フランスではフードロスと食材調達の一石二鳥を狙える動物を飼う人が増えているそうです。その動物は、なんとニワトリなんです。 近年、アメリカやヨーロッパでは、狭いゲージに入れてニワトリを飼うバタリーケージから、自由に地面で動き回れる平飼い飼育化がすすめられています。フランスでは2022年に店頭に並ぶ卵をすべて平飼いで育てたものにするとマクロン大統領が発表してもいます。日本でも高い焼き鳥屋さんなどでお肉の説明書きに「平飼い」という言葉を見ることが増えていますし、オーガニックの卵や鶏肉などで平飼いのものを求める人も増えています。少し値段が高いのですが、美味しくて健康にいいものと考えると手を出してしまいますね。 実際に自宅でニワトリを飼うと、2つのメリットが得られます。 まずひとつ目は、産みたての新鮮な卵が食べられること。スーパーのPOPで産みたて新鮮!と書かれていても、出荷され、搬送され、売り場まで運ばれてくるまでに時間がかかっています。鮮度では、目の前で産まれて、自分で収穫した卵にはかないません。 もうひとつのメリットが、野菜クズや残飯などを餌にできること。普通に暮らしていればゴミになるようなものも、ニワトリがいればリサイクルできるのです。しかもその餌で育てたニワトリが卵を産む。まさに一石二鳥のフードロス対策だと思いませんか。 ただニワトリを飼うには、ある程度、設備や環境の整備が必要です。まずニワトリが動き回れる地面があること。逃げないようにしたり、ノラ猫などの襲撃から守れたりできる囲いがあること。止まり木や卵を産む小屋なども必要になります。またニワトリの糞やし尿などの処理、衛生環境をよくするために小まめな掃除や世話も必要になります。また鳴き声が聞こえて周りの家から騒音問題として取り上げられないようにする配慮も必要です。 昔の日本でも地方ではニワトリを飼う家が多かったと聞きます。あるお年寄りは、庭を歩いていたニワトリが晩御飯のすき焼きになっていたという冗談を懐かしく語っておられました。今、フランスで広がりつつあるニワトリを飼うということも、温故知新、現代の私たちが忘れてしまった先人たちの知恵のひとつでしょう。フードロスの削減と聞くと、節約や新しいテクノロジーに目がいきがちですが、少し昔の暮らしに大きなヒントが隠されているのかもしれません。そんなフードロスを減らす昔の知恵を、あなたも探してみてはいかがでしょうか。
都会の真ん中でニワトリ飼育!フードロス解決と食材調達の一石二鳥!