シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

消費税8%?10%? わかるかこんなもん。

2019.10.23

線引きはどこに?混乱招く「軽減税率」

いよいよ10月から始まった消費税率10%。併せて、一部の対象品目に対して減税が行われる「軽減税率」もスタートしていますが、これがまた結構ややこしいことになっています。飲食店で食べたら10%で持ち帰りは8%とか。
お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志さんもテレビで「8%、10%、ややこしいわってなったじゃないですか。ややこしいっていう方向に、みんなの気持ちを持って行って、税を上げることの気持ちをずらしたっていう感じはしますよね」と私見を語って笑わせましたが、確かに、うーん? んん…?となるシーンにすでに出くわした人も多いのでは。
そこで今回は、そんな消費税軽減税率について、かなりビミョーなケースを題材にしてみました。
まずは、軽減税率の基本情報から。軽減税率とは、特定の商品の消費税率を一般的な消費税より低く設定するルール。例えば、スーパーマーケットの場合、消費税率8%のままの商品と10%の商品が並ぶことになります。そのため軽減税率は複数税率とも呼ばれるそう。
国税庁が公表する軽減税率の対象となる品目は「酒類を除く食品表示法に規定されている飲食料品と週2回以上発行されている新聞」で、これらは消費税8%のままとなります。一方で、「酒類、外食、ケータリングの食事など」については軽減税率の対象とならず、消費税率10%が適用されます。
と、文字面だけ追うと単純明快、軽減税率が適用されるかどうかの線引きは簡単に思えるんですが、実はややこしいのはここからなんです。
例えば、ビールやワイン、日本酒などは10%に上がりますが、ノンアルコールビールは酒ではないので8%のまま。料理酒は酒税法に規定されていないため軽減税率の対象となり8%ですが、みりんは酒類のため10%。ただし、スーパーなどですぐ隣に置いてあるみりん風調味料は8%と、なんか、バカみたいな話で笑ってしまいます。

はい、突然ですがクイズの時間です。
題して、「これって8%? 10%?」。

【問題】ハンバーカーショップのセットメニュー。ハンバーカーを持ち帰り、ポテトとドリンクだけ店内で飲食する場合の税率は何%?

さて、舞台はとあるハンバーガーショップの店内。ハンバーガーとポテト、ドリンクのセットをオーダー。でもいざ食べ始めるとポテトとドリンクだけでお腹いっぱいになってきちゃったので、手をつけていなかったハンバーガーは持ち帰りをすることに。あれ? この場合ってハンバーガーはテイクアウトになるけど、消費税はどっちになるの?

【答え】10%

まずは前提から。大手の牛丼チェーンやハンバーガーショップなどのファストフード店では、外食として店の中で食べること(イートイン)も、商品を買って帰ること(テイクアウト)もできますよね。外食の定義は「飲食の設備を設置した場所で行う食事の提供」となっています。そのため、イートインの場合は、外食として扱われるので消費税率は10%になりますが、テイクアウトの場合は飲食料品を買ったことになり8%で済みます。
では、問題にあるファストフード店に多くみられるセットメニューの場合はどうなるのか。国税庁によると「セット商品は一つの商品」との見解を示しているので、一部でも店内で飲食したら外食とし、税率は10%になるんです。
じゃあ、セットメニューじゃなく単品で買った場合は? ルール上、単品で買った場合は、持ち帰るハンバーガーには軽減税率が適用されそうだけど…。いいえ、問題のケースでは、単品で買ったとしても税率は10%になってしまいます。なぜなら、消費税率を決めるタイミングは「食事の提供時点」で判定されるから。最初は食べるつもりで注文したハンバーガーについては、店内での飲食にあたり、消費税10%となるわけです。ちなみに、あらかじめオーダー時に「ハンバーガーだけテイクアウトで」と宣言すれば、軽減税率の適用対象となり8%になります。
注文方法によって税率が変わってくるなんて! ああ、ややこしい。ああ、わかりづらい。これはイートインコーナーのあるコンビニでも同様です。「お持ち帰りですか? こちらで召し上がりますか?」。コンビニで弁当を買っただけなのに、必ずそう聞かれるようになりました。ああ、わずらわしい。
実は、こういった8%なのか、10%なのか混乱しそうな商品やサービス、また適用有無の線引きがわかりづらいものについて、国税庁は軽減税率がどういう場合に適用されるかを示す「Q&A(問答集)」を公表しています。

企業側からの質問に回答したものがほとんどで実務的な内容が目立ちますが、じっくり読んでみると、思わず笑っちゃうような項目もちらほら。例えば、屋台のたこ焼きを近くのベンチで食べる場合はどうなるのか?
Q&Aによると、このケースでは屋台の店主が置いたベンチで食べるなら10%。近隣ビルのベンチでたこ焼きを食べる場合も、屋台の店主とビル管理者の間で「ビルのベンチを使って食べていい」というような暗黙の合意があれば10%になるとしています。んん…?
遊園地内の売店で飲食料品を買うケースでは? 売店が管理するテーブルやイスなどで食べたら、それが外食扱いで税率は10%。でも、遊園地内の売店で買った食べ物を園内で「食べ歩き」する際は、売店が設置した椅子などで食べているわけではないので、持ち帰りと同じく税率は8%になります。お、おう…。

子どもたちに影響するウソのようなホントの話

軽減税率の対象となる食料品の消費税率は原則8%ですが、駄菓子の「おまけ」の中身次第で10%になる商品が出てきたため、100円玉を握りしめてやってくる子どもたちの懐を直撃し、店側も対応に苦慮しているようです。
プロ野球選手カード付きの「プロ野球チップス」(カルビー)とシール入りの「ビックリマンチョコ」(ロッテ)。両方とも子どもに大人気のおまけ付き菓子ですが、税率は前者が10%に対し、後者は8%と異なる摩訶不思議。何が違うのかというと、おまけが価格に占める割合なんだそう。

国税庁によると、食品と食品以外のものを1つの商品として販売する場合は「一体資産」と呼ばれ、(1)全体の税抜き価格が1万円以下(2)食品部分の価格が全体の3分の2以上を占める、という条件を満たせば軽減税率が適用されるとのこと。このため、おまけが価格の3分の1以上を超えるプロ野球チップスは軽減税率の対象から外れるみたい。

また、菓子を入れる容器が、そもそも資産に含まれるかどうかも重要になってくるようで、ペン型の容器に入った「カラーペンチョコ」(チーリン製菓)は、菓子を食べ終わった後の容器はペンとして使うことができるため資産となり、価格の3分の1を超えるため10%を適用。一方、ステッキ型の容器に入った「ステッキチョコ」(同)は、容器は他に使い道がないため資産として見なされないので8%に据え置かれるそうです。

子どもたちの重大行事の一つ、遠足のおやつ選び。税率の計算が一律じゃないので、「結局、支払いの金額がいくらになるの?」と混乱したり、買い物の予算立てが複雑になったり、子どもたちがちょっとかわいそうな気もしてきます。これらの事例も、そもそも提供されるお菓子の中身やおまけ、容器の内容や質にそこまでの差があるとは思えないんですけどね…。

ここまで紹介してきた通り、軽減税率は対象品目や適用有無の線引きが難しく、誰もが正しく理解するにはまだまだ時間がかかるものと思われます。とはいえ、増税と軽減税率の制度はすで始まっています。社会の変化に取り残されて困ったり、損をしたりすることがないように、新しい情報や仕組みを敏感に察知したいものです。