シェアシマレポート

人気のタグはこちら

NEW

パプリカがピーマンより高価な理由

2019.12.04

鮮やかさには裏がある?

子供たちは、オリンピックの歌として覚えているかもしれないパプリカ。赤、黄、オレンジなど、使うだけで料理がグッと華やかになるので、おしゃれなカフェやレストランでも使われていることが多いですよね。あまり知られていませんが、紫、茶色、黒のパプリカもあるんです。
まさに「インスタ映え」な食材のパプリカですが、実際にスーパーで値段を見たらなかなか手が伸びなかったって経験、ありませんか?一般的にパプリカ1個でピーマンが5、6個買えちゃう値段なんですよね。だから、レシピに書いてあっても「本当にパプリカじゃなきゃダメだろうか…」と考えてみたり。

では、そもそもどうしてパプリカはピーマンと似ているのに、ここまで値段が違うのはどうしてでしょうか。それは「栽培にかかる手間」が大きく異なるからなんです。もっとシンプルにいうと「パプリカを育てるのはピーマンより難しい」からなんです。

具体的に比較してみましょう。どちらも花を咲かせて実をつけるのは同じです。ところがピーマンが開花から15~20日で収穫できるのに対し、パプリカは40~50日、なんと2か月近くかかります。

日数が大きく変わる理由は「未熟」か「完熟」か。緑のピーマンは植物としては未熟の状態。赤いピーマンを見たことがあるかもしれませんが、あれが完熟したピーマンです。ピーマンの収穫までの期間が短いのは、未熟状態で採れるからなんですね。
一方パプリカは、どの色のパプリカも最初は緑色です。そこからじっくりと色を付けていきます。色ムラにならないように気にかけながら完熟するまで育てるので、ピーマンより日数がかかってしまいます。

さて、栽培日数が長くなると世話をする手間が増えるというのは誰でも想像がつくでしょう。しかし、両者は「一生につける実の数」も違うんです。
ここからは植物の特性の話です。ピーマンやパプリカに限らず、野菜というのは「種」を残そうと実をつけます。実の中に種をつける植物は、その実を完熟させることで動物に食べてもらったり、自らはじけたり割れたりすることで、種を土にまこうとします。つまり植物にとって実を完熟させるというのはとても重要な仕事です。

では、ピーマンのように未熟の状態で実が収穫された場合はどうでしょうか。ピーマンはなかなか完熟した実を残せそうにないので頑張って次々と花を咲かせて実をつけるので、結果的にたくさんのピーマンが採れます。一方パプリカは、ある程度実をつけたら完熟するまで収穫されません。だからピーマンほど多く花を咲かせません。そして、パプリカはつけた実を完熟させるために全体力を注ぎ込みます。(ただし野菜によっては実の数をあえて減らす栽培方法などもあります。)
さらに、どちらも温度管理も難しい野菜であるうえに、栽培日数が長くなるほど、病気になりやすく、虫もつきやすくなります。パプリカは、ただでさえ実の数が少ないうえに、完熟まで管理を徹底しないと出荷できません。一度病気になってしまったら、そのシーズンはもう出荷できないのです。とはいえ、ピーマンもしっかり手間をかけないと次々と実をつけてはくれないし病気にもなるので、同じように高い生産技術が求められます。

いかがでしたか?見た目は似ているピーマンとパプリカ。値段の違いの向こう側にある野菜の生い立ちを知ることで、少し親近感を感じられたのではないでしょうか。スーパーやレストランで見かけたら、どちらも生産者のマメな管理と努力のうえにここまでたどり着いたんだなと思いながら、ぜひ味わってみてください。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 株式会社わかさ生活 おやいづ製茶
キャンペーンバナー 健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2019.11.20

輸入バナナは大丈夫?ポストハーベスト農薬とは

本当に安全? 海外輸入の食材を選ぶ時の参考に! ポストハーベスト農薬という言葉を、聞いたことはありますか?簡単に言えば、「収穫(ハーベスト)の後(ポスト)に収穫物に散布される農薬」のことで、果物や穀物・野菜などが海外に輸出される際に、害虫やカビなどの被害をできるだけ防ぐために使われている農薬です。 日本国内ではポストハーベスト農薬は食品添加物に含まれ、食品衛生法第10条により使用が禁止されていますが、なんと輸入された食品などにはよく利用されているんです! ポストハーベスト農薬はいろいろな視点から問題視されていますが、その理由のひとつは「畑で通常使われる農薬に対して100倍~数百倍もの濃い濃度である」ということ。水などで流しても完全に落とすことはできず、果物や野菜などの場合は皮のなかにまで染みわたっている可能性があるのだとか。「水で洗えば大丈夫と思っていた」という人はこれから気を付けたいですね! 例えば、スーパーなどで売られている輸入品のレモンやグレープフルーツなどに「防カビ材としてオルトフェニルフェノール(OPP)、チアベンダゾール(TBZ)、イマザリル、ジフェニルのいずれかを使用しています」という書かれたラベルを見かけたことはありませんか。 これらはまさに、ポストハーベスト農薬!収穫後に使用した農薬については表示が義務付けられており、こうした表記がされています。発がん性などが指摘されているものもあるので、しっかりとチェックしたいですね。 では、離乳食気の赤ちゃんから大人まで幅広い世代に人気の高い「バナナ」の場合はどうなのでしょう?バナナも輸入品が多いので心配な食材のひとつですが、先に挙げた柑橘系に付いているようなラベル表記はほとんど見当たらず、不思議に思われている方も多いと思います。 そこで調べてみると、世界でもトップクラスのバナナ販売量を誇る「ドール」のお客様相談室「よくお寄せいただくお問い合わせ」では、「(バナナには)ポストハーベスト農薬は一切使用しておりません」という回答がありました! これは、輸入されるバナナは、未成熟の青い状態で収穫・搬送されることが多く、害虫が付く可能性が低いこととも関係しているのだそう。ただし、もしも植物検疫で害虫が発生した場合には、密閉された倉庫のなかで農薬を「燻蒸」して部屋ごと害虫を死滅する処置が取られることもあるそうです。ただ、この処置には表示の義務がないため、消費者の立場からは燻蒸されているかどうかは全く分からないのが現状です。 最近では、有機JASの表示がある有機バナナや国産のバナナも時々見かけるようになりましたね!有機バナナの場合は、輸入品であったしてもポストハーベスト農薬や燻蒸などはされていません。その分価格は上がりますが、小さな子どものいる家庭など食品の安全性を重要視する場合には、有機バナナや国産バナナを購入するのも良さそうですね。 食料自給率が低い日本では、輸入品に頼らざるを得ないのが現状です。しかし輸入品と言ってもいろいろな種類があり、ポストハーベスト農薬の心配が少ないものもあることが分かりました。海外から輸入された食材を選ぶ時の参考にしたいですね!
輸入バナナは大丈夫?ポストハーベスト農薬とは
NEW 2019.11.13

表参道の新スポット。食と農の課題解決に取り組む「imperfect表参道」

「おいしさ」と「たのしさ」と「課題解決」を届けるスーパー。  2019年7月4日(木)、東京都渋谷区の表参道ヒルズに新スポットがオープンしました。その名は「ウェルフード マーケット&カフェ imperfect表参道」。『あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に。』をメインテーマとして掲げ、私たち生活者のみならず世界や社会にとってもWell(よい)、という意味が込められた「ウェルフード」を提供しています。  「ウェルフード」とは、世界各地の農家が生産したナッツやスパイス、カカオ、コーヒーなどの原材料にひと手間を加えたimperfectオリジナルの食品のこと。味付きナッツやドライフルーツを散りばめた板チョコレート、たっぷりのクリームとナッツフレークの香ばしさを掛け合わせたシュークリーム(しかもオーダー後にクリームを詰めてくれる)などがあり、中でもアーモンドミルクで作るアイスクリームは、グレーズドナッツのトッピングし放題ということもあって早くも人気を集めています。一方、ドリンクメニューで注目したいのは「ナッツバターコーヒー」。香り豊かなエスプレッソに濃厚なナッツバターを溶かしながらいただく一杯で、ナッツの風味が引き立つ華やかな味わいが楽しめます。イートインメニューだけでなくナッツやチョコレートの量り売り、コーヒー豆の販売も行なっているので手土産にもおすすめ。店内はスタイリッシュながら緑の多い空間で、原材料の産地にちなんだ雑貨やテキスタイルで彩られています。  また、商品を購入した方には紙製のチップが渡され、環境・教育・平等の3つのプロジェクトテーマの中から賛同するもの1つに投票する仕組みになっています。これは同店が世界の食と農の課題解決を目指して行う「Do well by doing good.(いいことをして世界と社会をよくしていこう。)」という活動の一環で、一定の票数を獲得したプロジェクトから順次実行していくとのこと。現在掲げられているプロジェクトテーマは、コートジボワールやブラジルの農家の人々が抱える3つの問題への解決策です。 テーマ1.環境 2万本の苗で森と生き物の命をまもろう! テーマ2.教育 農園の経営を支援してカカオ農家を笑顔に! テーマ3.平等 女性たちの農の学びを支えて平等な社会を!  同店を運営しているのは、飲料から日用雑貨まで幅広い商品の輸出入や製造販売を行なうimperfect株式会社。ブランド名の「imperfect(=不完全な)」には、農産物の生産現場に存在する貧困や搾取などの社会課題を世界の不完全(imperfect)の一つと捉え、たとえ不完全(imperfect)な取り組みだとしても、自分たちで出来ることから少しでも世界と社会をよくしていこう、という想いが込められています。同社が目指すのは、お客様に「おいしさ」と「たのしさ」を提供し、それらを通じて⽣産現場で起きていることを自分ごととして捉えてもらうことで、お客様とともに社会課題の解決に貢献すること。挑戦はまだ始まったばかりですが、これからきっと多くの人を惹きつけ、拡大していく活動になることでしょう。まずは「imperfect表参道」に足を運んでみてはいかがでしょうか。
表参道の新スポット。食と農の課題解決に取り組む「imperfect表参道」