シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

ヴィーガン待望!卵不使用の「マヨネーズ」が登場

2022.10.04

プラントベースの市場が拡大する中、いま注目を集めているのが植物性の素材だけで作られたマヨネーズです。「ヴィーガンマヨネーズ」や「豆乳マヨネーズ」など、さまざまな名称の商品が登場しています。そこで今回は、植物性マヨネーズの魅力やバリエーションについて紹介します。

植物性の原材料でできたマヨネーズ

一般的なマヨネーズの主な原材料は、油と卵、酢です。ここに塩や香辛料などを加えて作られます。これに対して、ヴィーガンマヨネーズは「卵を使わない」というのが大きな特徴です。卵アレルギーのある人やヴィーガンの人も安心して食べることができます。

卵不使用のマヨネーズは、実は1970年代ごろから存在していましたが、ごく限られた商品しかありませんでした。昨今ではアレルギーがある人の増加やプラントベース食品のニーズ拡大を受けて、さまざまな商品が開発・販売されるようになりました。

ヴィーガンマヨネーズは厳密に言えば「マヨネーズ風の調味料」ですが、普通のマヨネーズと同様、ポテトサラダやサンドイッチ、ディップなどの料理に幅広く活用できます。

豆乳マヨネーズとマヨドレタイプ

ヴィーガンマヨネーズには多様なラインアップがありますが、豆乳を使った「豆乳マヨネーズ」と、植物性の油と調味料で作られた「マヨドレタイプ」の2種類に分けることができます。

豆乳マヨネーズの主な原材料は、豆乳、菜種油などの植物性の油、酢です。白みそやメープルシロップなどで味付けをしている商品もあり、食べやすくやさしい味わいが特徴です。中でも、オーサワジャパンの「オーサワの豆乳マヨ」や、CHAYA(チャヤ)マクロビオティックスの「卵を使わずに国産大豆でつくった豆乳マヨ」が人気。どちらもマクロビオティックや自然食品に精通するブランドから発売されていて、味に定評があります。

マヨドレタイプのマヨネーズとしては、日清オイリオの「日清マヨドレ」やキューピーの「エッグケア(卵不使用)」、BOSCOの「BOSCOオリーブマヨドレ」などがあります。いずれも油やマヨネーズを製造する大手食品メーカーから発売されているもので、「従来のマヨネーズとほぼ変わらない味」として好評を得ています。

ヴィーガンマヨネーズは、普通のマヨネーズに比べて価格はやや高めという印象ですが、幅広いニーズに応える商品として人気を集めています。