シェアシマレポート

人気のタグはこちら

食の未来を考えるドキュメンタリー映画3選

2019.12.11

観て、学ぶ。食がテーマの映画3選。

食の未来を考える動きのなかで大阪や名古屋などでは「オーガニック映画祭」が開催され、注目を集めているのをご存知だろうか?

例えば「なごやオーガニック映画祭」では、「有機農業の意義を伝え、有機農業に関心をもつ人のすそ野を広げる」ことをコンセプトに活動している。有機農業に関連する分野に携わる有志により、2011年に実行委員会が設立された。2012年2月、2014年2月、2016年4月に計3回の映画祭が開催され、多くの人に食の未来を考えるきっかけを提供してきた。

食の安全・安心への関心は年々高まっており、こうした映画の与える影響は大きい。そこで今回は、映画祭などで話題になった作品を中心に、食の未来を考えるためにおすすめのドキュメンタリー映画を3本ご紹介!

1.未来の食卓
南フランスの小さな村で実際に起こった1年間の物語を綴っている。子どもの未来を守るために「学校の給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする」という村長の提案に挑戦!最初は戸惑っていた村民たちであったが、子どもの味覚が変化し、小さな村が少しずつ変化していく。この映画の公開後、フランスでは一大オーガニックブームが起き、多くの人が自身の食生活を見直すようになったと言われる。

2.フードインク
食品業界の裏側にまで潜入し、食の安全について疑問を投げかける米国のドキュメンタリー。サブタイトルは「ごはんがあぶない」。値段は高いが安全で美味しいオーガニック食品と、スーパーに並んでいる安価な食材を比較し、その価格差の背景にあるさまざまな状況を明らかにしている。大規模工場で飼育される食肉産業の実態や飛行機で大量に農薬を散布する様子なども映し出された。「第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門」にノミネートされ、米国では映画公開後に大反響を巻き起こした映画である。

3.ありあまるごちそう
世界で生産されている食料は120億人分あるにも関わらず、実際に飢餓に苦しんでいる人は10億人もいると言われている。この「食の不均衡」をテーマにしたオーストリアの映画である。大量のパンが毎日捨てられていくウィーンと、小麦を輸出していながら2億人もの人が食料に飢えているインド。食品を扱う世界最大級の企業や、漁師・農家・家畜業者などの生産者へのインタビューを通して、飢餓が生まれるメカニズムをまとめている。

食の未来に向けて、私たちは何をすればいいのか。私たちが取るべき行動を考えるきっかけとして、まずは映画を鑑賞してみてはいかがだろうか?

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 株式会社わかさ生活 おやいづ製茶
キャンペーンバナー 健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2020.02.12

台湾で和牛ブーム、日本産牛肉・輸入世界一!

日本は食料を輸入に頼っているという話はよく聞きますが、逆に世界へどのような食材を輸出しているのかご存知でしょうか。果物やお茶など様々なものがあるのですが、現在、アジア圏でものすごい勢いで人気が出ている食材があります。それが和牛です。農畜産業振興機構の調べによると、2018年度の輸出量は過去最高の3799トン。6年連続で増加しています。そんな輸出先の第1位は、なんと台湾なのです。 台湾は2001年から日本で発生したBSE問題が原因となり、和牛の輸入が禁止されていました。ところが、2017年に日本産牛肉の輸入を解禁すると、瞬く間に輸入国上位であった香港や米国を抜き去り、世界最大の輸入国になってしまったのです。その人気の理由は、大きくふたつあります。 まずひとつは、和牛の肉質でしょう。脂身が細かく繊維状に広がるサシが入っている肉質は和牛ならではの特徴。一切れ噛むだけで、肉がトロけて、口いっぱいに甘みが広がる。そんな美味しさは和牛でしか味わえないもの。日本人でもなかなか食べることができない高級な霜降肉が、台湾の人々にもかなりの人気だそうです。 ふたつ目は、メニューの豊富さ。欧米ではステーキなど赤身を味わう料理が中心ですが、台湾では火鍋などの鍋料理や焼肉など、様々なお店で多くの食べ方があります。それらのお店では最高級の食材として和牛が提供されています。また、もともと日本食文化が人気だったため、しゃぶしゃぶやすき焼きなど日本独自の料理でも食べられているそうです。実際、お店のメニューなどをみると、和牛という文字とともにA5などのランクが書かれてあり、他の食材よりも高い値段で販売されています。 さらに現在では、松坂牛や飛騨牛など、地域ブランドに対する認知も広がっていることから、これからますます和牛人気が高まると考えられています。インバウンドで来日する台湾人観光客の中には、高級和牛を食べることが旅の目的のひとつになっている方もいるそうです。複数回来日する方たちは東京や京都を離れて、様々な地方を巡る傾向があります。もし地域に和牛ブランドがある場合は、観光の目玉のひとつになる可能性もあります。 2020年のオリンピックに向けて、多くの外国人が来日すると言われている日本。政府もチカラを入れてインバウンドブームを盛り上げてくれています。あなたのお店でも、やってきてくれる外国人観光客の傾向を把握できたら、その国で人気のある日本料理をチェックしてみてはいかがでしょうか。新しい看板メニューを発見できるかもしれません。
台湾で和牛ブーム、日本産牛肉・輸入世界一!
NEW 2020.02.10

食品ロス問題。先進国と発展途上国の違い。

毎年、全世界で生産されている食料は40億トンもあり、実は地球上の全人類が生きていくための必要量を上回っています。けれど、生産された食品の1/3が様々な理由で捨てられているのです。こういう話をすると必ず、先進国がムダにしているんだ!贅沢しているんだ!という食の不均衡の話になります、けれどそれは理由のひとつ。実は発展途上国においても違う理由で食品ロスが発生しているのです。今日は、食品ロスの先進国と発展途上国での違いについて書いていきたいと思います。 先進国では流通や保存技術が進歩していおり、食品が非常に長持ちするという特徴があります。まず家庭では、家計に占める食費の割合が比較的低いため、食べる以上に食品を買い、ムダにしてしまうということもあります。また事業者側では、仕入れのミスや需要の変更、ブームの状況によって、食材を使いきれなくなり廃棄する場合も多くあります。それに見た目が良くないと消費者に売れないという現実があることから、食べられるものでも色やカタチで選別してしまい売りに出せないという現実があります。 こういう食品ロスをなくすために、先進国では売りには出せないけれど食べられる食品を加工し、新たに売れる商品開発に取り組んだりしています。また最近では余った食品を業者や個人の間でシェアするなどの取り組みが行われています。少しずつではありますが、食品ロスを減らす対策は進んでいるのです。 一方発展途上国側では、別の原因で食品ロスが発生しています。それが先進国では克服している流通や保存の問題なのです。例えば農家や酪農家が生産した食料を保存する技術や施設がないため廃棄されています。その廃棄を防ぐために加工すればいいという話もありますが、加工食品を作る技術も設備もないのです。さらに道路状況は交通手段が未発達の場合では、市場まで食品を運ぶことができず、また運んでいる最中に痛み出して、実際に可食できるものが大きく減ってしまうのです。これを解消するためにさらに多くの土地や水、資源などが費やされ、自然破壊や砂漠化などが進んでします地域もあります。だから、先進国は発展途上国に食料の支援をしましょうというだけでなく、技術や設備を提供して世界全体が豊かになるような支援や経済活動をしていく必要があります。 食品ロスの問題は、まずは自分たちの周りのムダをなくしていくことから解決しなくてはなりません。しかし、自分たちのムダが減ったから世界の人々が救われるという単純な話でもないのも事実です。これから世界人口がますます増える未来に私たちはどうすればいいのか、ひとりひとりが考えていかなければならない時代なのかもしれません。
食品ロス問題。先進国と発展途上国の違い。
NEW 2020.02.05

ドライヤーお灸で肌荒れ対策!1日5分で冷え知らずの体に!

冷え込みがじょじょに厳しくなってくる秋冬の時期から、多くの女性の天敵となる「体の冷え」。体が冷えてしまうことでさまざまな不調の原因となる悩みに入浴前後のひと手間で手軽のケアできる方法があります。 それがこの「ドライヤーお灸」になります。これは東京有明医療大学教授の川嶋朗教授が考案したものになります。漢方医学の中でも高い効果が得られるお灸を、ドライヤーで代用して手軽にお風呂から出た後、髪を乾かすついでなどにできるものとなっています。 体調不良の元凶は、自律神経の乱れによる冷えによるものになります。これは自律神経のリズムが乱れてしまい、体温調節が機能しなくなることになります。肌荒れ、アレルギー、更年期障害、慢性疲労、むくみ、不眠などの病院に行くほどでもない体の不調を引き起こしてしまいますが、そのうちの頭痛や肩こり、おなかの不調は冷えからくる決行の滞りが一因と言われています。 冬場は外は寒いけど室内は暖房が効きすぎて、体は火照るのに足先は冷えてしまう「冷えのぼせ」に苦しむ人も増えています。この「ドライヤーお灸」を習慣づけることができれば冷え対策のひとつとしての役割を担ってくれるかもしれません。 この「ドライヤーお灸」のやり方はとても簡単です。足にある冷えに効く主要の4つのツボ「足三重」、「百会」、「三陰交」、「湧泉」を指で押しあてて、ドライヤーの風を50~60度の低温に設定して10センチほど離れたところから「熱いっ!」と感じたら止めればいいだけです。風を当てるツボは4か所なので5分程度で手軽にすることができます。 寒さが厳しい季節になると、入浴で温まってもすぐに冷えてしまうという人も多いですよね。そんな時は入浴前にもこの「ドライヤーお灸」をして体の冷えを取りはらってからつかると万全です。毎日続ければ代謝がアップすることも期待できます。これから厳しい寒さが毎日続きますが、この「ドライヤーお灸」を入浴前後の習慣にして冬を乗り越えていきましょう。
ドライヤーお灸で肌荒れ対策!1日5分で冷え知らずの体に!
NEW 2020.02.03

サンマはもはや高級魚!?サンマの価格高騰の原因とは?

サンマの記録的な不漁が連日話題となっています。スーパーでは1匹500円を超える値札が立てられているところもあります。これまでは庶民の味として家庭で親しまれてきたサンマですが、ここまでの値段高騰するともはや高級魚といっても過言ではありません。 水産庁が発表した2019年10月9日までのサンマ漁獲量は7060トンと前年同期の13%にとどまっています。例年であれば8~11月ごろには北太平洋から日本海付近にサンマの群れがくるのですが、まさに群れがくるピークのはずである10月になっても一行に音沙汰がありません。 この原因として話題になっているのが、中国の漁船による大量捕獲になります。日本海近郊にやってくる前のサンマの群れを捕獲してしまうから漁獲量が減ってしまったんではないかと議論されています。 さらにはこれだけではなく、地球温暖化の影響もサンマの不漁原因として考えられています。海水の温度が上がり海底に積もった栄養分が海面に上がる流れをふさいでしまうので、サンマが日本海に近づいてこなくなっているという調査報告もあります。この地球温暖化問題はサンマだけではなく同じ回遊魚であるサケの不漁にもつながります。 どちらも難しい問題ではありますが、以前のように安価で購入できるサンマが食卓に並べれる日がくることを願うばかりです。 中国が狙っている食材はサンマだけではありません。日本の食材は中国に比べて品質管理がされているので中国の富裕層を中心に人気が高いのです。中国は食品衛生面に対するリテラシーが低いので、残留農薬やメラミンが混合したミルクやネズミの肉を使った偽装肉などこれまで公けになってる事件だけでもけっこうな数が挙がります。 日本の食材はこういった異物混入などの心配がないので、お米や和牛の人気も高いのです。 正規の輸出ならいいのですが、輸出禁止の和牛の受精卵が持ち出されそうになったり、日本で30年ほどの年月をかけて開発されたシャインマスカットもいつのまにか中国で栽培されて今では当たり前のように販売されたいます。 日本の食材が海外でもウケるのは嬉しいですが、フェアな取引ができるようになればいですね。
サンマはもはや高級魚!?サンマの価格高騰の原因とは?