シェアシマレポート

人気のタグはこちら

世界初の専門店オープン!最高品種の「ゲイシャコーヒー」とは?

2020.01.29

1111111分に日比谷に世界発の「ゲイシャコーヒー」の専門店「GESHARY COFFEE 日比谷店」がオープンすることになりました。この「ゲイシャ」とはいうのはコーヒーの最高品種と呼ばれるもので現在世界で最も高価なコーヒーと呼ばれています。

日本国内では、パナマ産のもので250グラム10,800円ほどの料金で販売されていて、一般的なコーヒー豆と比べるとこのお値段からもその希少さがよくわかります。2019年の7月に行われた公開オークションでは、「ベストオブパナマ」という品評会で優勝したコーヒーがなんと、通常価格の1000倍超えの金額になったそうです。ちなみにこの「ゲイシャ」という名称は原産地のエチオピアの村の名前に由来しています。

GESHARY COFFEE 日比谷店」のオープンイベントには2019年に1位を獲得したパナマのエリダ農園主と、2位のパナマのジャンソン農園の農園主が来日するほかにも、世界屈指のバリスタチャンピオンも登場予定でコーヒー好きには見逃せない内容が盛りだくさんとなっています。

この「ゲイシャ」はスターバックスでも豆が販売されており、その価格は250グラムで10,000円になります。また、今ではすっかり定番になりつつある手軽に安く本格的なコーヒーが楽しめコンビニコーヒー。ローソンではこの「ゲイシャ」も取り扱っていて1500円で販売しています。コンビニコーヒーは1100円ほどで購入することができるので比べてみるとやはり「ゲイシャ」の高級さがよくわかります。

ゲイシャコーヒーの味の特徴は、ジャスミンの花や白桃のような甘みのある香りに例えられることが多いです。この香りの濃度で価値が決まり、栽培地域によって香りに強弱があるみたいです。発祥地のエチオピアから世界に広がり現在ではパナマやエルサルバドルなどの中南米の国でも栽培されています。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 株式会社わかさ生活 おやいづ製茶
キャンペーンバナー 健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2020.05.27

フェアトレードコーヒーが美味しい理由

昨今よく聞かれるようになった「フェアトレードコーヒー」。コーヒー豆の専門店や大手コーヒーチェーンなどでも、その文字を見かけます。もともとフェアトレードとは、一般的に途上国と先進国での貿易などに対して使われる言葉のこと。こうした途上国の弱くなりがちな立場を保護し、先進国と途上国の対等な関係を築くためのものです。逆のことを言えば、輸入食材などがとても安い値段で売られているのを時々見かけますが、その背景には途上国での過酷な労働環境がひそんでいる場合もあるんです! ちなみコーヒーに関しては、世界中にいる約2500万人ものコーヒー生産者のうち約7割が10ヘクタール未満の小規模農園の従事者なのだとか。1990年代の生産量トップのブラジルの霜害の影響により、多くの国が新規参入したことなどにより、需要と供給のバランスが乱れています。その結果、小規模農園の経営は苦しく、過酷な労働を強いられています。そんな状況下においてフェアトレードで取引をすることにより、それまでの取引価格の2倍以上のお金が生産者に渡るようになり、労働や生活の環境が大きく改善されたという報告もあります。 また、コーヒー好きな人のなかでは「フェアトレードコーヒーは美味しい」「美味しいから選んでいる」という声も時々聞きますね!これは、フェアトレードで取引をすることにより、小規模農園でも経営が成り立つようになるため、一般には知られていないコーヒーも商品化することができるためです。 フェアトレードコーヒーが広まるメリットは他にもあります。それは、途上国の現状を知り、消費者の意識を変えていくことにつながるということ。コーヒーに限らず、フェアトレード商品はパッケージなどもデザインに気を配ったものが多いので、自身のスタイルを磨いていきたいという方にもおすすめです! さらに関心のある方は、フェアトレードコーヒーが注目されるきっかけになったとも言われる映画「おいしいコーヒーの真実」を鑑賞してみてはいかがでしょう。フェアトレードコーヒーとは何なのかを、再確認することができますよ!
フェアトレードコーヒーが美味しい理由
NEW 2020.05.20

ボストンで大人気の「ズードル」とは一体なに!?

老若男女問わず幅広い層に愛されているパスタですが、気になるのはその中に含まれる炭水化物の量ですよね。そんな健康志向の方の間でいまボストンを中心に話題になっているのがズッキーニを細長くスライスしたフェイクパスタの「ズードル」になります。ズッキーニとヌードルをかけ合わせて「ズードル」という名称なのですが、覚えやすいですね。 通常の小麦粉で作ったパスタだと1人前(250g)約370kcalくらいですが、ズードルだと同じ量で1人前約60kcalで、カロリーを約6分の1にも抑えることができるのです。 また、ズッキーニに含まれる栄養素によって風邪の予防や疲労回復、肌荒れ、高血圧の予防、アンチエイジングにも効果が期待できます。糖質とカロリーを抑えるだけではなく、ビタミンCやカリウム、ベータカロチンなどの多くの栄養素を摂取できるのです。 日本ではまだあまり見かける機会はないですが、ボストンやニューヨークでは手軽に食べることのできるファストフード店などもあり人気です。 日本ではまだアメリカのように外食産業で取り入れてるところは少ないですが、「ズードル」専用のベジヌードルカッターを使って家庭で「ズードル」を楽しまてる方もいらっしゃいます。 現在アメリカのグルテンフリー食品市場は約50億円ほどの規模になります。かなり大きい市場に感じますがまだまだ発展途上の市場だとも言われていて、2024年頃には76億円までに拡大すると言われています。 ハーバード公衆衛生大学の教授の研究結果で、「小麦・大麦・ライ麦などに含まれるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる疾患である『セリアック病』以外の人がグルテンフリーを行っても、意味はなく、むしろ害になることすらある」との発表がありました。今後もおそらくグルテンフリー商品気が衰えることはないでしょう。 アメリカではどんどん拡大していくグルテンフリー市場ですが、この「ズードル」は日本でもトレンドとなるのか今後の展開を見守って行きたいと思います。
ボストンで大人気の「ズードル」とは一体なに!?
NEW 2020.05.11

ヨーロッパ発のカルチャー!「パン飲み」は日本にも根付くのか!? 

ここ数年間、パンブームが続いています。高級食パンやパンにまつわるフェス開催など、下火になるどころかますますパンブームの盛り上がりを見せています。 そんな中で、パンへの飽くなき探求心から「パン飲み」が誕生したのも当然の流れなのかもしれません。お酒に合うパンが、雑誌やテレビやWEBなどの各種メディアで特集されるなど、2018年あたりからじわじわと広がりを見せていましたが、こういったニーズをとらえてなのか、この「パン飲み」を楽しむことができるベーカリーが続々と登場しています。 2019年7月には、厳選したイタリアの食材やレシピを使ったパンを提供する、イタリアンベーカリー「ブリンチ代官山T-SITE」がオープンしました。こちらのお店では、夕方の5時からの「アベリティ―ボ」の提供も始めています。 この「アベリティ―ボ」とは、イタリアで生まれた習慣で、夕食の前に軽いお酒と軽食を囲んで仲間との時間を楽しむ事になります。「ブリンチ代官山T-SITE」さんはイタリアンベーカリーなので、こういったイタリアの食文化も届けたいということで始められたみたいです。 この店を訪れて初めて「アベリティ―ボ」という食文化を知った方も多く、仕事帰りに同僚の方と、一人ごはんにガッツリ、などと思い思いに楽しんでいらっしゃいます。 大阪ではお酒に合うパン専門のベーカリー「タニ6ベーカリーパネーナ」がオープンしました。お店のコンセプトは「子供にはもったいない。お酒に合うパンを提供」とのことで店内でパンだけではなくお酒も販売されています。甘じょっぱいメロンパンや出汁で仕込んだフランスパンなど、一般的なパン屋にはないパンが多く並べられています。 オンタイムからオフタイムへと気持ちを切り替える時間を楽しむことができるヨーロッパのライフスタイルの「パン飲み」。働き方改革と言われていますが、単に言葉だけではなくこういった食文化による意識改革の方が働き方を変えていくことができるのかもしれないですね。
ヨーロッパ発のカルチャー!「パン飲み」は日本にも根付くのか!? 
NEW 2020.05.04

女性に嬉しい「タンポポ茶」「タンポポコーヒー」とは

少し前から、「ノンカフェイン」の飲み物のニーズが高まっていますね!妊娠中や授乳中の女性や、子どもからお年寄りまで安心して飲めることも魅力のひとつのようです。また、普段はコーヒーや紅茶などを飲んでいる場合でも、就寝前や体調が悪い時、リラックスしたい時などに神経を興奮させてしまうカフェインを避けるという方は多いようです。 こうした流れのなかで注目されているのが「タンポポ茶」や「タンポポコーヒー」。「茶」であったり「コーヒー」であったりと呼び方は違いますが、どちらにもタンポポの根っこを焙煎したものを使っています。「タンポポの根っこって美味しいの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ほのかな苦味と香ばしさ、甘さもあってとても飲みやすいんです! ちなみに、一説によればタンポポ茶やタンポポコーヒーはポーランド発祥の飲み物。当時ポーランドではコーヒー豆がとても高価であったことからその代用品として使われるようになったと言われています。 タンポポの根に含まれる主な成分としては、酸味や渋味の元になる「クロロゲン化合物」、ごぼうや玉ねぎなどに含まれる甘さの成分「イヌリン」、アミノアルコールの一種「コリン」など。また、身体を温まる作用なども期待されることから日本では昔から「タンポポ茶を飲むと母乳の出が良くなる」と言われ、妊娠中や授乳中の女性たちによく飲まれてきました。 その他にも最近では「不妊改善」「ホルモンバランスを整える」「便秘解消」「むく解消」など、いろいろな効果が期待できることが分かってきています。身体によいことが多く、美と健康に関心の高い女性には見逃せないですよね! ただひとつだけ注意点があり、利尿作用があるためたくさん飲むと「トイレが近くなる」そうです。利尿作用が高いということは、体内の余分なものを外に排出する作用も強いということなので、要するに使い方次第ということ!「お休みの日にタンポポコーヒーを飲む」など、うまく利用したいですね。 タンポポ茶は、中国やポーランドの原料を使ったものが多く出回っていますが、国産のものも入手できます。できるだけ、きれいな自然環境で育ったものを飲みたいですね。
女性に嬉しい「タンポポ茶」「タンポポコーヒー」とは