シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

急増中の飲食店「ミクストラン」とは一体なに??

2020.02.17

ここ最近、飲食店と違う業種が一緒になった飲食店「ミクストラン」が増えています。朝の人気番組めざましテレビの企画でも特集も組まれていました。この1年でオープンしたミクストランの数は全国で20店舗以上もあるとのことです。

この「ミクストラン」という名称は実際にある単語ではなく造語になります。「ホットペッパーグルメ外食総研」がミックスとレストランという単語を掛け合わせて作りました。

書店×カフェ、コインランドリー×カフェ、バー×花屋、ビール×美容室、自転車×カフェ
などさまざまは業種が飲食店と一体化した店舗となり、他店舗との差別化を図っています。

東京目黒区にあるミクストランをひとつご紹介します。「フレディレック・ウォッシュサロン トーキョー」さん。こちらはカフェラウンジ×コインランドリーのミクストランになります。ドイツベルリン発のスタイリッシュなウォッシュサロンになります。

オーナーのフレディレックさんは「単に洗濯をする場所にはしたくなかった」という思いの元、コインランドリーだけではなく、店内に小さなカフェスペースを作って利用するお客様のコミュニケーションが生まれる場を作られました。洗濯が終わるのを待ちながらコーヒーを飲んだり、マフィンを食べたり談笑することができます。

ランドリーコーナーは布団も選択できる大型の洗濯機や、スニーカー専用の洗濯機も設置されていて設備も充実しています。また、洗濯代行やクリー二ングも対応しているので、忙しい方には嬉しいサービスが行き届いてます。

カフェやレストランなどの飲食店と、コインランドリーやお花屋さんなどの他業種を組み合わせることで新たな付加価値を誕生させることができる「ミクストラン」。これまでの飲食店と差別化を図る上では戦略として取り入れるのはいのかもしれません。

上手く活用することができれば、相乗効果を期待することができるので消費者サイドだけではなく飲食店サイドとしても大きな魅力となる可能性も秘めています。この「ミクストラン」という造語を作った「ホットペッパーグルメ外食総研」の発表によれば、今後も「ミクストラン」のような形態の飲食店は増加するとみられています。新たな飲食店のトレンドになることができるのでしょうか。今後の動向に注目していきたいです。