シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

都会の真ん中でニワトリ飼育!フードロス解決と食材調達の一石二鳥!

2020.02.19

今、フードロスを減らすためにあらゆる取り組みが世界中で実施されています。野菜クズなどをペットの餌として食べさせるということも意外な対策のひとつ。そんな中、フランスではフードロスと食材調達の一石二鳥を狙える動物を飼う人が増えているそうです。その動物は、なんとニワトリなんです。

近年、アメリカやヨーロッパでは、狭いゲージに入れてニワトリを飼うバタリーケージから、自由に地面で動き回れる平飼い飼育化がすすめられています。フランスでは2022年に店頭に並ぶ卵をすべて平飼いで育てたものにするとマクロン大統領が発表してもいます。日本でも高い焼き鳥屋さんなどでお肉の説明書きに「平飼い」という言葉を見ることが増えていますし、オーガニックの卵や鶏肉などで平飼いのものを求める人も増えています。少し値段が高いのですが、美味しくて健康にいいものと考えると手を出してしまいますね。

実際に自宅でニワトリを飼うと、2つのメリットが得られます。
まずひとつ目は、産みたての新鮮な卵が食べられること。スーパーのPOPで産みたて新鮮!と書かれていても、出荷され、搬送され、売り場まで運ばれてくるまでに時間がかかっています。鮮度では、目の前で産まれて、自分で収穫した卵にはかないません。
もうひとつのメリットが、野菜クズや残飯などを餌にできること。普通に暮らしていればゴミになるようなものも、ニワトリがいればリサイクルできるのです。しかもその餌で育てたニワトリが卵を産む。まさに一石二鳥のフードロス対策だと思いませんか。

ただニワトリを飼うには、ある程度、設備や環境の整備が必要です。まずニワトリが動き回れる地面があること。逃げないようにしたり、ノラ猫などの襲撃から守れたりできる囲いがあること。止まり木や卵を産む小屋なども必要になります。またニワトリの糞やし尿などの処理、衛生環境をよくするために小まめな掃除や世話も必要になります。また鳴き声が聞こえて周りの家から騒音問題として取り上げられないようにする配慮も必要です。

昔の日本でも地方ではニワトリを飼う家が多かったと聞きます。あるお年寄りは、庭を歩いていたニワトリが晩御飯のすき焼きになっていたという冗談を懐かしく語っておられました。今、フランスで広がりつつあるニワトリを飼うということも、温故知新、現代の私たちが忘れてしまった先人たちの知恵のひとつでしょう。フードロスの削減と聞くと、節約や新しいテクノロジーに目がいきがちですが、少し昔の暮らしに大きなヒントが隠されているのかもしれません。そんなフードロスを減らす昔の知恵を、あなたも探してみてはいかがでしょうか。