シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

【解説】テクスチャーとは【食品業界用語】

2023.01.10

この記事では、テクスチャーとは何か、食品におけるテクスチャーの効果や構成要素、また食材の組み合わせや調理法がテクスチャーに与える影響について解説します。

食品におけるテクスチャーとは?

食品においてテクスチャーとは、食べ物を口に入れたときの感触のことです。歯で咀嚼して飲み込むまでの、さまざまな食感を指します。テクスチャーは、口の中で感じるだけでなく、味わいにも影響を与えます。

テクスチャーの効果

テクスチャーは食体験に重要な役割を果たし、食べ物を食べたときの感じ方や食べ方にも影響を与えます。
心地よいテクスチャーであれば、人は食べ物をより味わい深く感じるという研究結果もあります。

テクスチャーの構成要素

テクスチャーには、歯ごたえ、滑らかさ、噛んだときの抵抗感などの物理的要素と、特定のハーブやスパイスが持つ苦味や辛味、渋み、うまみなどの化学的要素があります。これらすべてが組み合わさって、口の中で全体的な感覚を作り出します。
例えば、柔らかいサラダよりもシャキシャキしたサラダの方が、噛んだときの食感のコントラストが楽しめます。

食材や調理方法がテクスチャーに与える影響

料理を作る際に異なるテクスチャーの食材を組み合わせることで、面白く、楽しい食体験を生み出すことができます。例えば、柔らかいケーキに歯ごたえのあるナッツを加えたり、クリーミーなスープにカリカリのクルトンをトッピングしたりすれば、テクスチャーに変化が生まれ、より料理の可能性を広げることができます。
また調理方法も、料理のテクスチャーに大きな影響を与えます。例えば、強火でさっと火を通した料理は少し焦げたようなカリカリとしたテクスチャーに、弱火でじっくり火を通した料理はソフトでクリーミーなテクスチャーになります。
テクスチャーは料理全体の完成度を高める上で重要な役割を担っています。メニュー考案の際は、お客様の期待に応えるために、味と食感の両面から料理を考えることが重要です。