シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

遂に飲食店にもサブスクリプションモデルの波がやってきた!導入事例をご紹介!

2020.02.26

最近よく耳にすることが多い「サブスクリプションモデル」。モノではなく利用する期間に対して料金が設定されたサービスのことで、音楽業界などエンタメの世界で主に聞かれるサービスでしたが、ここ数年で飲食業界にもこの波が押し寄せてきています。

このサブスクリプションモデルは、毎月一定の売上を先に確保できるところが飲食店側にはメリットとなります。上手く活用することができれば今後もどんどん導入する飲食店が増えてくるのではないでしょうか。

今のところはまだ導入してる店舗はまだまだ少ないので、物珍しさから各メディアで取り上げられたり、新規顧客の獲得も期待できます。

では、実際にどのような飲食店がこのサブスクリプションモデルを導入しているのか、その事例をいくつか紹介していきたいと思います。

まず最初にご紹介するのは、新宿に店を構える「coffee mafia(コーヒー マフィア)」。
クイックカップのドリンクが無料で飲める「3,000円コース」と、店で販売している全てのドリンクが無料になる「6,500円コース」の2種類の月額定額サービスがあります。クイックコーヒーは1杯300円なので、「3,000円コース」であれば月に10回以上来店すれば元は取れる計算になります。

六本木にあるフレンチワインバー「Provision(プロヴィジョン)」では1カ月の間に何度来店しても、フレンチのコースやワインを4名まで月額30,000円で楽しめると大人気の月額定額サービスがあります。ただあまりの人気ぶりに、現在は規定会員数に到達していて募集はしていないみたいです。

サブスクリプションモデルは、こういった飲食店だけのものではなくアプリでも導入されています。

「HIDEOUT CLUB」は東京のBARが加盟しているアプリで、月額料金1,500円で加盟店でのウエルカムドリンクが毎日1杯無料で飲むことができます。

「FOOD PASSPORT」は大阪の400以上の飲食店が加盟しているアプリで、月額料金980円で余剰食材を使った料理を1カ月に10回食べることができます。

今後はこういった店単体のものだけではなくアプリとして導入していく飲食店は増えてくるかと思います。飲食店側は新規の顧客を呼び込めますし、消費者側は使えば使うほどお得が得れます。飲食店のサブスクリプションモデルについては今後も注目していきたいです。