シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

【解説】スマートセルとは【食品業界用語】

2023.01.23

この記事では、スマートセルの技術について説明します。スマートセルとは何か、食品科学におけるスマートセルの効果、研究結果、注意点についても解説します。

スマートセルとは?

スマートセルとは、バイオテクノロジーの技術によって潜在的な生物機能を引き出すように改良された人工細胞のことを指します。スマートセルを組み込んだ微生物や動植物からバイオ医薬品やバイオ燃料を生み出したり、病気に強い作物を作ったりすることが可能になります。またスマートセルを人工的に精製・管理をすることで、化合物の安定供給が可能になります。

食品科学におけるスマートセルの効果

スマートセルによってアレルギーフリーの食品や高機能食品の作成が可能になります。具体的には、アレルゲン物質の遺伝子を取り除いたニワトリを作成してアレルギーフリーの卵を生み出したり、特定の栄養素を多く含んだ野菜を栽培したりすることができます。

スマートセルの研究結果

スマートセルによって高機能食品を作成して人々の暮らしを豊かにすることが可能です。例えば、害虫や病気に耐性がある作物を生み出すことにより、農薬の使用率を下げて、より安全で健康的な作物の栽培が可能になります。
また、生産効率や長期保存性を高めた作物を安定的に生み出すことにより、食料供給率を改善し将来の食糧問題の解決に役立てることができます。

スマートセルの注意点

スマートセルによる物づくりには、基盤となる生物遺伝資源・解析データの整備をすることが重要です。
また、革新的な技術を実現できる設備や人材の育成が不可欠です。
更に、社会的なルール・法律の整備も必要になります。