シェアシマレポート

人気のタグはこちら

旬の果物「柿」を丸ごと利用する方法とは?

2020.04.01

秋から冬にかけて旬を迎える人気の果物「柿」。熟れた果実を生のまま食べるのも美味しいですが、葉もヘタも余すところなく利用できるのをご存知でしょうか。今回は、先人の知恵の宝庫とも言うべき、柿の利用法をご紹介したいと思います!

まずは、柿の葉を利用して「柿の葉茶」を作ってみましょう。7~8月頃の緑色の葉を使います。渋柿でも甘柿でもどちらでも利用できます。葉を摘んだ後、数時間天日で干してから切り刻みます。その後、せいろなどに入れて10分ほど蒸し、カラカラになるまで陰干しすれば出来上がり!熱湯を注いで数分待つだけで美味しくいただけます。柿の葉にはビタミンCが豊富に含まれ、風邪予防などに昔からよく飲まれてきました。やさしい甘味があって飲みやすいですし、ノンカフェインなので子どもや妊娠・授乳中の方にもおすすめです。

また柿の葉には殺菌効果があるとされ、「柿の葉寿司」などにもよく使われています。酢飯の上にサーモンやしめさばなど具材を乗せて、柿の葉で巻いたお寿司は素朴でありながらも滋味あふれる一品ですよね!現在のような保存技術がなかった時代ならではの、自然の恵みを活用した食の知恵と言えそうです。

次に、柿のヘタの利用法についてご紹介しましょう。「ヘタは捨てている」という方が大半だと思いますが、生薬名では「シテイ」と呼ばれ、漢方薬にも使われているんです!成熟したヘタを乾燥させたものをスパイスや生姜などと煮詰めた「シテイ湯」という飲み物は、1000年以上前の書物にも登場しています。そもそもしゃっくりは胃のけいれんによるもので、冷えや熱がこもっていることが原因とされていますが、その不調を緩和する効果があるようですね。

生で食べるのには適さない「渋柿」もいろいろな用途に使うことができます。有名なところでは「干し柿」がありますね。冬に柿の木が多い里山などに行くと、軒先に干し柿を吊るしている風景をよく見かけます。干すことによって渋さが抜けて、甘さだけが残るので、とても美味しくいただけます。そのまま食べるのはもちろん、神社などのお供え物や、砂糖の代わりの甘味付けとしても使うことができます。

完熟した柿がたくさんある場合には、「柿酢」を作ってみるのもおすすめです!保存瓶などに、完熟柿を手でつぶして入れておくだけで作れます。小さな泡が出てきて発酵が進むのですが、アルコール発酵を経て、酢に変わっていく様子は眺めているだけでもとても面白いです。昔は、各家庭でよく作られていたそうです。

無駄なく余すところなく食べられる柿には、自然の恵みを楽しむ先人の知恵が詰まっています。柿の葉やヘタ、渋柿などが手に入ったら、ぜひお試しくださいね。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 株式会社わかさ生活 おやいづ製茶
キャンペーンバナー 健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2020.05.27

フェアトレードコーヒーが美味しい理由

昨今よく聞かれるようになった「フェアトレードコーヒー」。コーヒー豆の専門店や大手コーヒーチェーンなどでも、その文字を見かけます。もともとフェアトレードとは、一般的に途上国と先進国での貿易などに対して使われる言葉のこと。こうした途上国の弱くなりがちな立場を保護し、先進国と途上国の対等な関係を築くためのものです。逆のことを言えば、輸入食材などがとても安い値段で売られているのを時々見かけますが、その背景には途上国での過酷な労働環境がひそんでいる場合もあるんです! ちなみコーヒーに関しては、世界中にいる約2500万人ものコーヒー生産者のうち約7割が10ヘクタール未満の小規模農園の従事者なのだとか。1990年代の生産量トップのブラジルの霜害の影響により、多くの国が新規参入したことなどにより、需要と供給のバランスが乱れています。その結果、小規模農園の経営は苦しく、過酷な労働を強いられています。そんな状況下においてフェアトレードで取引をすることにより、それまでの取引価格の2倍以上のお金が生産者に渡るようになり、労働や生活の環境が大きく改善されたという報告もあります。 また、コーヒー好きな人のなかでは「フェアトレードコーヒーは美味しい」「美味しいから選んでいる」という声も時々聞きますね!これは、フェアトレードで取引をすることにより、小規模農園でも経営が成り立つようになるため、一般には知られていないコーヒーも商品化することができるためです。 フェアトレードコーヒーが広まるメリットは他にもあります。それは、途上国の現状を知り、消費者の意識を変えていくことにつながるということ。コーヒーに限らず、フェアトレード商品はパッケージなどもデザインに気を配ったものが多いので、自身のスタイルを磨いていきたいという方にもおすすめです! さらに関心のある方は、フェアトレードコーヒーが注目されるきっかけになったとも言われる映画「おいしいコーヒーの真実」を鑑賞してみてはいかがでしょう。フェアトレードコーヒーとは何なのかを、再確認することができますよ!
フェアトレードコーヒーが美味しい理由
NEW 2020.05.18

食品ロスを削減するWEBサービス(後編)

前回に引き続き、食品ロス低減に向けた取り組みと新しいWEBサービスを紹介します。 前編はこちらです⇒食品ロスを削減するWEBサービス(前編) 農林水産省と環境省による平成29年度(2017年度)の推計によると、年間2550万トンの食品廃棄物等が出されています。このうち、“まだ食べられるのに廃棄される食品”=「食品ロス」は約612万トン(事業系328万トン・家庭系284万トン)。これは、国民一人あたりにすると、1日約132 g(ごはん茶碗1杯分)、年間で約48 kgとなります。推計を開始した平成24年度以降では最少となり、取り組みの効果が出始めているといえるかもしれません。 一方で、食料自給率(カロリーベース)が37 %しかないわが国の現状をみると、さらなる削減の取り組みや事業者と消費者双方の意識を高めるためのコミュニケーションが大事になるでしょう。海外にも広く紹介された「もったいない」という日本の言葉を思い出しながら、必要な分だけを買う、使い切るための工夫をしていきたいですね。新型コロナウイルス対策と同様に、食品ロス低減もみんなで取り組むことで進んでいきます。 恵方巻などの季節・行事食ついては、コンビニ・スーパーなどが予約制を採用しながら、当日の店頭販売数を抑えることで廃棄される量も減って改善が進みつつあります。また加工食品では、賞味期限の延長の検討や賞味期限の「年月日」表示から「年月」表示への変更(3カ月以上のもの)に加え、小売店への納入期限ルール変更などが行われています。さらに、賞味・消費期限まで“安全においしく”食べられるようにする観点から、食品添加物の適切な利用も有効な選択肢の一つです。 ●フードシェアリングサービス「TABETE」 【株式会社コークッキング】 https://www.cocooking.co.jp/  予約客のキャンセルや悪天候による来客数の減少などの理由により、廃棄される恐れのある商品を抱える飲食店等と消費者をつなぎ、フードロス削減を目指すフードシェアリングのマッチングサービス。 ●「Otameshi」 【株式会社SynaBiz】 https://otame4.jp/  品質には問題はないが通常の流通が難しく時間の経過と共に処分されてしまう、従来廃棄されていた商品を消費者がお得に購入でき、かつ購入者が選んだ社会貢献活動団体に売上の一部を寄付できる社会貢献型ECショッピングサイト。 ●「ロスゼロ」 【株式会社ビューティフルスマイル】 https://www.losszero.jp/  食品メーカーの規格外品・1/3ルールにより販路不足となる食品を買い取り、一般消費者や法人(定期購入含む)に、作り手のストーリーとともに届けるWEBプラットフォームを運営。またオフラインでは、規格外食材を当該地域で消費できる食事会を開催する。 ●「No Food Loss」 【みなとく株式会社】 https://www.nofoodloss.com/  小売店において販売期限や季節限定パッケージなどの理由からまだ食べられるのにやむなく捨てられてしまう商品がクーポン形式にて発行されお得なお買い物が楽しめるアプリ。 ●割引・特売・詰め放題ショッピングサービス「Render」 【Render株式会社】 https://www.render.co.jp/  食品の生産・製造・販売に関わる傷モノや規格落ち品、B品、訳あり品などを、販売時設定した連打ゲームにトライすることで「楽しく、おトク」を感じられる販売方法により今までにない新しい買い物の仕方を提供するwebショッピング。 これからもどんどん新しいサービスが始まると思います。 皆さんも手軽に始めれるWEBサービスを利用して食品ロス問題の解決にご協力ください!
食品ロスを削減するWEBサービス(後編)
NEW 2020.05.15

食品ロスを削減するWEBサービス(前編)

食品ロスという言葉は、食品業界に携わる人だけでなく、一般にも浸透してきています。恵方巻などの行事食の売れ残りが廃棄される様子がSNSで拡散されたり報道されたりしたことで関心が高まりました。そこで本稿では、食品ロスの現状と削減に向けた新しい取り組みとして、WEBサービスを2回にわたって紹介します。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で学校給食や外食店、宿泊施設が休業したことにより、牛乳や野菜を中心とした素材や商品が大量に行き場を失いました。ネット販売や地域ごとの取り組みなどの素早い対応で一部が消費者の手に届きましたが、残りは流通ルートがすぐに確保できずに廃棄せざるを得ない状況になっています。これからは行政と事業者などがアイデアを出しながら、緊急事態の状況下でも食品の流通が柔軟に対応できるようになると食品ロスがより一層減らせるようになるでしょう。 このような中で、農林水産省は「新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品の活用促進について~新たな販路の確保やフードバンクへの寄附の推進~」として食品ロスの発生防止につなげるためのビジネスを紹介しています。スマホのアプリを使って楽しみながら食品ロス削減に貢献するといったアイデアもあり、多くの人がお得に参加できそうです。本サイト「シェアシマ」もB to Bのソリューションとして掲載されています。 ●食品原料WEBマッチングサービス「シェアシマ」 【ICS-net株式会社】https://shareshima.com/ 食品メーカー(工場)が調達する食品原料 分野において、webで商品情報が共有されることにより、今まで廃棄される選択肢しかなかった食品原料を新たに探しているユーザーとマッチングするビジネス。シェアシマは、食品ロス対策だけでなく、普段の食品開発に役立つ加工食品原材料の情報が掲載されています。買う側のユーザーは登録(無料)するだけで材料の検索が可能です。 ●食品ロス削減を目指すサービス 「ecobuy」 【株式会社NTTドコモ】 消費/賞味期限が間近となった対象商品を購入した消費者にポイントを付与し、購入商品の期限間近になると通知やレシピ提案を行う社会貢献型アプリ。登録した小売店で対象商品を購入することでポイントを得ることができる。獲得ポイントは他社ポイントと交換可能。2020年夏頃サービス開始予定。 ●社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム 「KURADASHI.jp」 【株式会社クラダシ】 https://www.kuradashi -mottainai.com/ 食品ロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を消費者へ販売し、売上の一部を社会貢献団体へと寄付する社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム。飲食店店舗においてのクラダシ商品の販売支援や長期在庫化した加工食品をクラダシが買い取りオンラインでの再流通、飲食店の空き予約をクラダシが仲介して集客の支援を行う。 ●「temite(テミテ)」 【Creation City Lab株式会社】 https://temite.net/busi ness/ 顧客体験の促進をゲームの様に展開できるプラットフォーム。小売店や食品メーカー等がアプリ掲載者となり、消費期限間近の商品購入や販売期間限定パッケージの購入等をタスクに設定し、アプリ利用者はそのタスクをクリアする事によりリワードを獲得することができる。 他にもまだまだ多くのサイトが開発され、サービスが開始されています。続きは後半の記事でお伝えします! 後編はこちらです⇒食品ロスを削減するWEBサービス(後編)
食品ロスを削減するWEBサービス(前編)
NEW 2020.05.11

ヨーロッパ発のカルチャー!「パン飲み」は日本にも根付くのか!? 

ここ数年間、パンブームが続いています。高級食パンやパンにまつわるフェス開催など、下火になるどころかますますパンブームの盛り上がりを見せています。 そんな中で、パンへの飽くなき探求心から「パン飲み」が誕生したのも当然の流れなのかもしれません。お酒に合うパンが、雑誌やテレビやWEBなどの各種メディアで特集されるなど、2018年あたりからじわじわと広がりを見せていましたが、こういったニーズをとらえてなのか、この「パン飲み」を楽しむことができるベーカリーが続々と登場しています。 2019年7月には、厳選したイタリアの食材やレシピを使ったパンを提供する、イタリアンベーカリー「ブリンチ代官山T-SITE」がオープンしました。こちらのお店では、夕方の5時からの「アベリティ―ボ」の提供も始めています。 この「アベリティ―ボ」とは、イタリアで生まれた習慣で、夕食の前に軽いお酒と軽食を囲んで仲間との時間を楽しむ事になります。「ブリンチ代官山T-SITE」さんはイタリアンベーカリーなので、こういったイタリアの食文化も届けたいということで始められたみたいです。 この店を訪れて初めて「アベリティ―ボ」という食文化を知った方も多く、仕事帰りに同僚の方と、一人ごはんにガッツリ、などと思い思いに楽しんでいらっしゃいます。 大阪ではお酒に合うパン専門のベーカリー「タニ6ベーカリーパネーナ」がオープンしました。お店のコンセプトは「子供にはもったいない。お酒に合うパンを提供」とのことで店内でパンだけではなくお酒も販売されています。甘じょっぱいメロンパンや出汁で仕込んだフランスパンなど、一般的なパン屋にはないパンが多く並べられています。 オンタイムからオフタイムへと気持ちを切り替える時間を楽しむことができるヨーロッパのライフスタイルの「パン飲み」。働き方改革と言われていますが、単に言葉だけではなくこういった食文化による意識改革の方が働き方を変えていくことができるのかもしれないですね。
ヨーロッパ発のカルチャー!「パン飲み」は日本にも根付くのか!?