シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

最近話題の「エコラップ」とは?簡単な作り方とその活用法

2020.08.17

「脱プラスチック」とは?
包装容器などに使われることの多いプラスチック容器。容器の廃棄による環境問題が、深刻化しています。例えば、プラスチック製のストローが身体に突き刺さったウミガメの写真などをご覧になったことのある方もいらっしゃるかもしれません。これはほんの一例に過ぎず、プラスチックごみが海を汚染し、そこに棲むさまざまな生き物の暮らしを脅かしているのです。

こうした状況を受けて、世界中で広がりつつあるのが「脱プラスチック」に向けた動き。従来のプラスチック容器を見直して、環境問題の解決を目指そうというものです。企業や行政だけでなく、個人としてもさまざまな取り組みが行われています。

繰り返し使える「みつろうラップ」とは?
そのなかで注目を集めているのが「みつろうラップ」。一度使ったら捨ててしまう従来のラップとは異なり、繰り返し使えるのが特徴です。その特徴から「エコラップ」と呼ばれることもあります。また、好きな絵柄を選ぶことができるので、キッチンを明るく華やかに彩ってくれるという魅力もあるんです。

みつろうラップが話題になっているもうひとつの理由は、自宅でも簡単に作れること。コットンの布に、みつろうやココナッツオイルなどを染み込ませて作ります。みつろうというのは、みつばちが巣を作る際に分泌する「ろう」のことです。

作り方は、アイロン台の上に新聞紙、クッキングペーパー、布、細かく刻んだみつろう、クッキングペーパーという順に重ねて、低温に設定して上から熱を加えます。みつろうが溶けて、布全体に溶けた液体が浸透すればOK。自然に冷めるまで待てば、できあがり。私も作ったことがありますが、10分程度で完成します!

このみつろうラップは、器などに使うだけでなく、果物や野菜、おにぎりやサンドイッチなどを包んだりするのにも使うことができます。お手入れは、水やぬるま湯などで洗って、風通しのよい場所で乾燥させること。大切に扱えば、1年程度は使用できます。

「ゴミを減らしたい」「環境にやさしい暮らしをしたい」という方は、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。