シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

Stay Homeで「ハレ」を演出する、ウィズコロナの食生活様式

2020.09.03

2020年、想像だにしていなかった新型コロナウィルスによるパンデミックにより、生活様式は一変しました。より正確を期するならば、私たちの意思とは無関係に、一変せざるを得なかったと表現するべきでしょうか。とにかく、もうコロナ前の生活には戻れない、戻らない時間というのがこの先長く続いていくようです。
このウィズコロナの新しい生活様式について、食の面から考えてみたいと思います。

<食事におけるハレとケの考え方>
「ハレとケ」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。厳密には民俗学や文化人類学で使われる用語です。曰く、「ハレ」は儀礼や祭り・年中行事などの非日常を、「ケ」は普段の生活である日常を表し、衣食住などをハレとケでは区別したのだとか。
お正月に晴れ着を着ておせち料理を食べ初詣に行くことなどは分かりやすい「ハレ」の例でしょう。
ここでは大きく捉えて、「ハレ」を「特別」、「ケ」を「普段」という意味で使用し、ウィズコロナの食生活を考察してみます。

<自粛生活により「ハレ」の需要が減少したのか>
感染拡大防止のため、不要不急の外出や3密を引き起こす営業を自粛する動きが広がり、観光やレジャー、外食などの消費は一気に落ち込みました。感染拡大が落ち着いたかに見える局面もありますが、だからといってコロナ前と同じように自由に移動し集い消費するという生活スタイルに戻るという動きは見られません。ワクチンや特効薬が広く行きわたるまでこの傾向は続きそうです。
旅行やレジャー、外食などの、日常生活に潤いをもたらす小さな「ハレ」は、コロナ前に比べると段違いに実現が難しくなってしまいました。ここで注目したいのは、実績は激減しているものの、その需要まで減少してしまったのか? という点です。
答えはノーでしょう。人々にとって、「特別を楽しみたい」という需要がなくなったわけではないのです。以前のような形で気軽に「ハレ」を楽しめなくなってしまっただけで、その需要は依然として存在しています。考えてみれば、これは当然のことですね。気軽に「特別」を楽しめないのであれば、むしろその欲求は増していくのが自然な流れかもしれません。
この需要をピンポイントに満たす供給先は、今まさに探られている真っ最中でしょう。新しい「ハレ」が形作られていく進化の渦の中を生きていると考えると、少しワクワクしてきますね。

<食生活における新しい「ハレ」の模索>
そもそも昭和の時代に比べると家庭での食事も豊かになり、寿司や天ぷら、すき焼き・焼き肉などの現在の中高年が子供のころに「ごちそう」と感じた献立ですら特別に食べるものという意識もなくって、もはや何が「ごちそう=ハレ」なのか、メニューから区別することは難しくなっていたというのが実情です。
自炊を「ケ」として、買ってきたものを食べるのを「ハレ」と考えるのも難しいようです。というのも、スーパーでお惣菜を買ってきて食卓に並べる「中食」は一般的となり、これは分類するならば「ケ」に近いように思われるからです。
そこで第三の観点、食べる場所で「ハレ」を演出していたと考えてみましょう。
コロナ前には自宅ではなく外食という形で「ハレ」を実現していたのだとしたら、自粛生活で「ハレ」と「ケ」を明確に区別することは困難です。
ではウィズコロナの世界で「ハレ」を演出する新しい基準は何でしょうか。
出かけて行って非日常を楽しむタイプの「ハレ」よりも、Stay Home の中で「ハレ」を演出することが望ましく感じられる時代。
この時代の「ハレ」を演出するキーワードは「高級食品」「テイクアウト」です。
「高級食品」は普段では購入しないような高価な食材やお取り寄せをイメージするとわかりやすいでしょう。
「テイクアウト」はその名の通りで、これまでテイクアウト営業をしていなかった飲食店の持ち帰り商品であればより特別感が増し「ハレ」を演出してくれます。

(まとめ)
Stay Homeという大きな流れは今後も続くでしょう。その中で「家で楽しむ」「家を楽しむ」ことは新しい「ハレ」を生み出す可能性に満ちています。企業は新しいビジネスチャンスをものにしようと試行錯誤し、新しいトレンドが次々と生まれるでしょう。
今後時代が進むと、「高級食品」「テイクアウト」も「ケ」に分類される日がやってくるかもしれませんが、そのころには新しい「ハレ」が現れているかもしれません。何しろ、特別な食を楽しみたいという人間の欲求は消えることはないのです。
このダイナミックな変化の渦中を楽しむという姿勢こそ、ウィズコロナをうまく過ごしていく小さな秘訣の一つかもしれませんね。