シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

食べるだけではもったいない。アンチエイジングにも使えるごま油の活用法

2020.10.05

スキンケアにも使える、ごま油
ごま油と聞くと「料理に使うもの」というイメージをお持ちの方が多いと思います。でも実は、マッサージやスキンケアなどにも古くから使われてきた素材なんです。家庭に常備していることの多いごま油を使って、美容やアンチエイジングのお手入れが手軽にできるとしたら、とても嬉しいですよね!そこで今回は、その意外な活用法を紹介したいと思います。

ごま油を使ったスキンケアのなかでも有名なものとして、インドの伝統医学・アーユルヴェーダがあります。現地では「若返りのオイル」とも呼ばれ、うがいやマッサージなど、美と健康を保つための幅広い用途にごま油が使われています。

アーユルヴェーダの考え方によれば、ごま油には、体力をつける、美肌、身体を温める、身体の浄化、老化防止などの効果が期待されると言われています。例えば、スキンケアとしてごま油を使い続けることで、若々しい肌を保つことができるということです。

ちなみに、肌に塗ったごま油は身体の奥まで染み込んでいくのだとか。そのため、身体がそれを受け入れられる状態であることが必要です。食事の直後や、身体が疲れている時、体調不良の時などは使用しないようにしましょう。

ごま油を使って、スキンケアをしてみよう!

では早速、ごま油を使ったスキンケアを試してみましょう。美容を目的とする場合には、「太白ごま油」という白いごま油を使うのがおすすめです。これは、通常の褐色のごま油とは異なり、焙煎しないで生の状態のまま絞っているタイプです。

使用する前に、「キュアリング」と呼ばれる加熱処理をしましょう。これにより、抗酸化成分が生成され、油自体も酸化しづらくなります。やり方は、厚手の鍋にごま油を入れて弱火で加熱し、90~100℃になったら火を消します。粗熱が取れたら、遮光ガラス瓶に移します。すぐに温度が上昇するため、温度計を利用するのがおすすめです。

このキュアリングしたごま油を使って、身体や顔のマッサージを行います。力は入れないで、優しく滑らせるようにするのがポイントです。シワなどが気になるところは、丁寧にマッサージしてみてくださいね。

身近なごま油を使って、美と健康を維持できますように。