シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

注目のサーキュラーエコノミー、原点は江戸時代に

2022.04.22

エコな暮らしを考える時によく登場する言葉が、「循環型社会」です。これは、大量生産・大量消費という仕組みに代わるものとして登場した考え方です。大きな流れとしては2000年に「循環型社会形成推進基本法」が発表され、資源の有効活用や環境への負荷軽減の取り組みが行われるようになりました。近年では「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」という言葉も定着しつつあります。そうした中、古くて新しい取り組みとして改めて注目されているのが、江戸時代の社会です。

現代日本では、エネルギーや食糧、木材などの大部分を海外からの輸入で賄っています。それに対し、鎖国をしていた江戸時代には、輸入に頼ることなくほぼ全てを国内で自給自足していました。例えば、当時は「ゴミ問題」もあまり存在しなかったのだとか。理由として、物を大切に扱う習慣が社会に浸透しており、ゴミが発生することが少なかったと言われています。子どもたちが「寺子屋」で使う教科書は、子どもの所有物ではなく、学校の備品として扱われていました。中には1冊の本が100年以上使われたという記録も残っているそうです。

また、「陶磁器の焼き接ぎ」や「古着屋」など、今で言うところのリユースやリサイクルをする業者も数多くあり、一つの物を大切に使い続ける仕組みも整っていました。

 

江戸時代の精神を受け継いで

江戸時代の循環型社会をモデルとして生まれた事例として、岐阜県中津川市の「ちこり村」をご紹介したいと思います。「後継者不足」や「休耕地の増加」などの農業を取り巻く厳しい状況、それに加えて「日本の低い自給率」を何とか改善したいという想いのもと始まった取り組みです。

まず「地域で出来ることから始めよう」とスタートしたのが、西洋野菜「チコリ」の国産化。チコリには血糖値の上昇を抑えるといった健康効果があるとされていますが、現状ではそのほとんどを輸入に頼っています。そこで、「チコリが国内で生産できれば、自給率アップに貢献できるのでは」という考えから取り組みが始まりました。

ちこり村のもう一つの特徴は、お年寄りが生き生きと働ける場所になっていることです。ここでは農業の活性化と共に、地域とそこに住む人を元気にしています。

地球温暖化をはじめとした環境問題の深刻化により、私たちは従来の大量生産・大量消費のスタイルから、循環型社会へと舵を切らなければならない時が来ています。そのヒントの一つとして、改めて江戸時代に注目してみてはいかがでしょうか。

 

【参考】ちこり村公式HP:https://www.chicory.jp