シェアシマレポート

人気のタグはこちら

あなたは何を基準に買っている? 情報という付加価値を考えてみよう

2020.10.29

今日はあなたの買い出しデー。あれもこれもたっぷりと買います。
そういえばバターがなくなってしまったので買わなくてはいけませんね。

・国産、有塩、お手頃価格
・外国産、無塩、発酵バター、グラスフェッド、奮発価格

おや、棚の前で手が止まりました。隣り合う、ずいぶんと価格差のある商品で迷っているようです。
同じバターなのになぜでしょう?

答えは、同じバターではあるけれども、ある意味では全く別物のバターだからですね。
特にあなたの気を引いたのは「グラスフェッド」という耳慣れない言葉です。
商品前のポップによると、grass=牧草 fed=育てられた を意味し、人工飼料ではなく牧草を食べて育った牛の乳で作られているバターとのこと。
緑広がる放牧場でのんびりと草を食む乳牛の姿があなたの目に浮かんでいるようです。
あ、あなたは外国産のグラスフェッドバターを手に取りました。「外国産」「発酵バター」「グラスフェッド」という情報にお手頃価格品との価格差を埋める魅力を感じたのでしょうか。

「情報」には価値がある

食品売り場に品物だけが並んでいて、価格以外に情報がないことを想像してみましょう。
外見からは推測できない価格差があると、選ぶ基準がなくて困ってしまいますね。
では逆に、少し未来を想像します。あらゆる商品にスマホをかざすと生産者からのメッセージ、生産方法、品質、その他さまざまな情報が画面に映し出されるとしましょう。情報が多すぎて逆に選べなくなってしまうかもしれませんが、情報がないことに比べると贅沢な悩みに思えませんか。

極端な例で考えてみましたが、「食べてみておいしかったからお金を払う」というシステムではない以上、その商品に対する情報は商品価値を左右するといっても過言ではありません。
オーガニック(有機栽培)、ケージフリー(平飼い)、NON GMO(非遺伝子組換え)などあまり詳しく意味は分からないけれども魅力的に聞こえるような付加情報をもつ商品も増えてきています。
あるいは生産者の顔写真が入っていたり、伝統製法を謳ったり、商品パッケージやポップには魅力を高めるための各種情報が記載されているのを目にしたことがあるはずです。

規制やルールが情報を守る

情報には価値がある、とすると、実際とは違うウソの情報を付加した商品を高く売ろうという悪い輩が現れるかもしれません。とんでもないことですが、昨今のニュースを見聞きするに皆無とも言い切れないのが現状というところでしょうか。

そのようなことがないよう、規制やルールが存在します。
代表的なものが食品表示法で、表示すべきこと、表示できる内容などが事細かに決められています。これにより、消費者が知りたい情報が同じ土俵の上に出そろいますので、比較選択が容易になると言えるでしょう。

しかしこれで万事解決というわけにもいきません。
法整備追いつかないまま、言葉だけが独り歩きしている場合もあります。
ITの発達により、外国の情報にも誰でもが一瞬でアクセスできる時代。
これからの時代は、消費者自身にも情報の真偽を見極めたり分析をしたりするメディアリテラシーの力が求められると言えそうです。
生産者・販売者の側から考えれば、情報を味方につけることが戦略上重要になってくることは間違いありませんね。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 おやいづ製茶
健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2021.03.02

最近話題の「プロテインカフェ」ってどんな場所?

プロテインカフェって何? 最近注目を集めている「プロテインカフェ」をご存知でしょうか。プロテインカフェとは、その名前の通り、プロテインを使った飲み物や間食を気軽に楽しめるカフェのことです。形態としては、プロテインを使ったメニューを全面に打ち出した「プロテインカフェ」だけでなく、フィットネスクラブやジムなどに併設されているカフェやヘルシーフードを提供するカフェでのプロテインメニューの提供など、さまざまスタイルがあります。昨今のプロテインブームを受けて、プロテインカフェやプロテインメニューを取り入れたお洒落なカフェが全国に続々と登場しています。 筋力アップなどのトレーニングをしている方だけでなく、いつまでも健康を保ちたいと願う方からも大きな支持を集めるプロテイン。その一方で「プロテインの味や香りが苦手」「プロテインを美味しく摂取する方法が知りたい」という声も少なくありません。そこでプロテインカフェを上手に活用して、美味しく楽しくプロテインを摂取してみてはいかがでしょうか。 プロテインカフェの定番メニューとは? では実際の事例をもとに、プロテインカフェでの定番メニューをご紹介しましょう。まず、トレーニングや散歩、仕事などの合間に気軽に利用できるスムージーのような飲み物はいかがでしょうか。バナナやパイナップル、ストロベリーなどの果物とプロテインを混ぜ合わせたトロリとした飲み物です。使用する素材によって「エネルギー補給」「美容や健康な体づくり」「疲労の回復」などのテーマが設定されていることも多いので、自分の目的に合ったものを選んでみましょう。果物の他には、モロヘイヤやほうれん草、にんじん、トマトなどの緑黄色野菜をブレンドしたものもあります。「野菜が不足しがち」という方にも魅力的ですね。 また、プロテインを配合した「アーモンドラテ」や「抹茶ラテ」、「ほうじ茶ラテ」なども人気メニューです。カフェタイムに気軽に利用できそうな飲み物がたくさんあるのがポイントです。タンパク質だけでなく、牛乳ベースのものを選べばカルシウム、アーモンドミルクベースのものを選べばビタミンEが補給できるのも嬉しいですね。 プロテインメニューと一緒に、野菜や果物がたっぷりのヘルシーなメニューを用意しているカフェも多くあります。ストイックになりがちなトレーニングなどの合間に、プロテインカフェなどで気分をリフレッシュして、美と健康への意識を高めるのもいいかもしれません。まずは近くのプロテインカフェへぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
最近話題の「プロテインカフェ」ってどんな場所?
NEW 2021.02.23

ネットデリバリーの仮想専門店「ゴーストレストラン」とは

感染症対策から以前に比べて集まって会話しながら食事やお酒を楽しむ機会が激減してしまったという声を多く耳にします。 しかし人間の「おいしいものを食べたい」という欲求は、感染症が拡大してもとどまることはありません。 それに応じるかのように、テイクアウトやデリバリーが急成長しています。 そこで今回はネットデリバリーで増えている仮想専門店「ゴーストレストラン」について解説します。 仮想「専門店」? ゴーストレストランとはイートインスペースを持たずデリバリーサービスに特化した飲食店です。 リアルでは一つの店舗である居酒屋などがメニューごとの専門店として別々の看板を掲げ、ネットからのデリバリー注文に応じる形態のほか、そもそもリアルの店舗を持たず、自社キッチンやシェアキッチンなどを拠点に複数のネットデリバリー専門店として展開している場合もあります。 どちらもネット上に複数店舗を擁しているのが特徴的ですが、それぞれの店舗はデパートのように「何でもそろっている」ことを売りにするのではなく、ショッピングモール内のテナント店のような「ターゲットを絞った専門店」として打ち出されるのが一般的です。 というのも、「専門店」という言葉は魅力的で、店名に「専門店」が付くか否かで売り上げも大きく変わるのだとか。 いかに私たちが日ごろ「専門店」という言葉に吸い寄せられ、商品選択の参考にしているかということが如実に示されているとも言えますね。 逆に言えば、ネットデリバリー界隈ではもはや「専門店」であることはスタートラインなのかもしれません。 味で勝負する前に、キャッチコピーや写真といったウェブ上の情報で勝負する必要があるのです。 ゴーストレストランのメリット リアルレストランと比較した、ゴーストレストランのメリットは、なんといっても開業資金を抑えられる点です。 リアル店舗の開店には、すくなくとも数百万円かかるのが一般的です。 しかしゴーストレストランでは物件の立地に制限がないばかりか、シェアキッチンを利用すれば設備投資費用も掛かりません。あるいはすでにリアル店舗を経営しているのならば、追加でかかるのはウェブサイト関連の費用だけで済みます。 つまり、ゴーストレストランは安ければ数十万円程度で開業することも夢ではないのです。 さらには運営コストも劇的に抑えられます。高い物件賃料や人件費を節約することで、低価格を追求することもできますし、逆に材料費をかけて「味」を追求することもできます。 ただ、高い値段に見合うだけの魅力的な情報を満載して、注文者に「食べたい!」と思わせるのは難しいことかもしれません。 初回限定割引、少量でのお味見メニュー設定など工夫を凝らして初回注文を取ることができれば、高い値段でもその味を魅力に感じるリピーターが付くことも十分に考えられます。 リアル店舗では採算が取れないような個性的な店、こだわりの店などもゴーストレストランなら人気店になる可能性もあるわけで、そう考えるとワクワクしますね。 新型コロナウィルスの感染予防と外で集まって食事をする形態がマッチしない以上、今後ともデリバリーサービスは今後大きく成長していくでしょう。 ゴーストレストランという飲食業の新しいスタイルに今後とも注目です。
ネットデリバリーの仮想専門店「ゴーストレストラン」とは
2021.01.28

飲むだけにあらず。プロテインを使った、アレンジ料理。

プロテインは料理にも活用できる 「プロテインは牛乳などを加えて飲むもの」というイメージが強いと思いますが、実は料理などにも活用できることをご存知でしょうか。プロテインを使った料理やおやつは、プロテインを飲むのに飽きてきたという方やプロテインの味が苦手な方、プロテインの摂取量を増やしたいという方などにもおすすめです。 よくある質問として「プロテインは加熱しても大丈夫?」というものがあります。一般的には「プロテインの栄養は、熱を加えても変化しない」と言われています。その理由は、プロテインは牛乳などからタンパク質を取り出し熱風で乾燥させることで作られているからです。また、プロテインを料理に混ぜて使うことで、独特の風味を和らげることができ摂取しやすくなります。 プロテインを使ったアレンジ料理の作り方 プロテインの活用法として、まず試していただきたいのが「パンケーキなどのおやつづくりにプロテインを少量加える」という方法です。小麦粉やホットケーキミックスなどの粉の量に対して、5分の1程度を目安に生地に混ぜてみましょう。プロテインには「チョコ味」や「チャイ味」などの香りの付いたものもあり、それぞれのフレーバーを楽しむことができます。 同じような感覚で、パウンドケーキやクッキー、ヨーグルトなどに混ぜて使うこともできます。トレーニングをしている方やダイエット中の方のなかには、「甘いものを控えている」という方も多いと思います。プロテインを使ったおやつであれば、罪悪感が少なく食べられるのも魅力的ですね。 また、スムージーやお好み焼きなどに少量ブレンドするのもよく合います。混ぜることでプロテインの粉っぽさが少なくなり、食べやすくなります。この他、コロッケや南瓜サラダ、グラタンなどに混ぜるのも食べやすくておすすめです。こうしたアイデアは、育ち盛りの子どもの食事づくりにも役立ちそうです。 プロテインは適量を継続して摂取することが大切と言われています。飲むだけでなく、料理やおやつづくりにもプロテインを活用してみてはいかがでしょうか。自分に合ったプロテインの活用法を見つけて、プロテインを楽しく継続していきたいですね。
飲むだけにあらず。プロテインを使った、アレンジ料理。
2021.01.21

フレッシュなクラフトビールを自宅で飲みたい!前編

その歴史新型コロナウィルス感染症により、おいしいお酒を皆と楽しむ「宴会」や「飲み会」が激減しました。 機会損失を嘆いても仕方ないので、ここはひとつ前向きに考えてみましょう。 飲み会の楽しさの二大柱が会話とお酒だとすると、現段階では感染予防を考えるに友人や同僚との会話は難しそうです。 しかし、おいしいお酒は自宅でも独りでも飲むことができるのです! そこで今回はお酒の中でも特にクラフトビールに焦点を当ててみましょう。 クラフトビールの歴史 1994年4月以前、ビールメーカーは大手数社しか存在しませんでした。しかし酒税法が改正され、事態は一変したのです。 従来ビール醸造の免許を取得するためには、年間2000キロリットルの最低製造量をクリアしなければなりませんでしたが、これがなんと60キロリットルにまで大幅に引き下げられました。結果、1995年には15社程度の地ビールメーカーが誕生することとなりました。 そうです。このころはまだ「クラフトビール」ではなく「地ビール」と呼ばれ、観光地のお土産として瓶詰で売られる形態が一般的でした。 瞬く間に地ビールブームは広がり、1998年にはメーカーも300社に届く勢いだったと言います。 しかしまちおこしや観光客を呼び込むための側面が強かったため、「本当においしく品質のいいビール」を目指すには気概が不足していたのかもしれません。2000年頃には残念なことに「高くてまずい地ビール」といったマイナスイメージがついてしまい、メーカーは半減してしまいました。 こうした中、アメリカでは職人がこだわって醸造したビールが「クラフトビール」と呼ばれるようになり、このブームはイタリアやフランスなどにも広がりを見せ始めます。 実はこの間、日本でも志高く良い品質のビールを作りたいと願うブルワリーは努力を重ね、醸造を続けていました。この努力は着実に実り、国際大会で日本産クラフトビールが入賞したといった報告が相次ぐまでになりました。 ついに「客寄せのためのビール」は、「客を惹きつける良いビール」へと変化を遂げたわけです。 2010年代にはクラフトビールブーム隆盛となり、2020年現在、全国には小規模なものまで含めると500程度ブルワリーが存在しています。 クラフトビールが認知されるにつれビアバーという形態も一般的となり、さまざまなクラフトビールの個性的な味わいを気軽に楽しめるようになりました。 ここでコロナ禍となってしまい、なかなか外にのみに行くこと自体が難しく感じられるようにもなってしまいました。 しかし、クラフトビールの味わいをあきらめることはありません。実はクラフトビールを自宅で楽しむ方法があるのです。 次回後編では、クラフトビールのテイクアウト事情についてレポートします。
フレッシュなクラフトビールを自宅で飲みたい!前編