シェアシマレポート

人気のタグはこちら

フードロス削減に向けて「量り売り」が加速中⁉その理由と取り組み事例

2020.11.12

「量り売り」「ばら売り」が今注目される理由

コロナの影響を受けて一部の農産物や加工品などが売れ残っており、新聞やテレビなどのニュースなどでもよく取り上げられています。こうした背景を受けてさまざまな取り組みが加速していますが、そのなかでも「量り売り」「ばら売り」への注目が集まっていることをご存知でしょうか。

まず前提として、日本の大手スーパーなどでは新型コロナウィルスへの対策のなかで、従来の量り売りやばら売りを中止し、パック詰めのものを販売するスタイルへと切り替わりつつあります。その一方で環境先進国と呼ばれるドイツでは、現在も量り売り販売をする店が支持されているそうです。もちろん、お客さんの手の消毒や、量り売りに使用するカップなどの消毒、試食の中止などは徹底して行っています。これらの事項をまとめた「量り売り専門店における感染防止対策のガイドライン」なども定められました。ウィズコロナのなかでも、ゴミ削減などの問題に取り組む強い姿勢の現れとも言えそうです。

また国内の事例として、東京都世田谷区にある食品専門のミニスーパー「アイアイマーケット」では、廃棄処分を目前に控えた商品を通常の半額以下の価格で販売しており、女性客を中心に人気を集めています。この店の人気の秘密は安さだけでなく、「フードロス」「持続可能」というコンセプトに共感する人たちを惹きつけていることにもあります。これまでは飲食店向けとしていた商品を、個人客向けに少量ずつ販売することで、食品の廃棄量を減らすことに貢献しています。

地域レベルでの取り組みも加速中

フードロス削減に向けて、行政による地域レベルでの取り組みも加速しています。例えば兵庫県加古川市では「加古川市おいしい食べきり運動」を実施し、飲食店や宿泊施設、小売店から発生する食品ロスの削減を目指しています。また、「小盛りやハーフサイズの設定」「食料品の量り売りやばら売りの実施」「規格外品の安売りや有効利用」などを行う店舗も支援しています。

フードロス削減に向けた解決方法としても、注目されている「量り売り」「ばら売り」。コロナウィルスの感染防止対策をどう進めるのかなど課題はたくさんありますが、海外や国内での事例をもとに具体的な進め方を考えてみるのもいいかもしれません。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 おやいづ製茶
健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2021.03.09

便利で美味しい!離乳食にも使える「野菜パウダー」ってどんなもの?

野菜パウダーってどんなもの? 野菜などを特殊な技術を用いて乾燥させて粉状に砕いた「野菜パウダー」。保存性が高いだけでなく、離乳食にも使用できるような安全安心で美味しいものも登場しており、離乳食の赤ちゃんから野菜不足気味の大人まで幅広い年代からの支持を集めています。さらに介護食にも使われるなど、昨今ますます注目が高まっています。そこで今回は、野菜パウダーについて紹介したいと思います。 いろいろなメーカーから製品が販売されていますが、野菜パウダーに使われる代表的な野菜は、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、とうもろこし、むらさき芋などです。忙しい現代人に不足しがちな緑黄色野菜を使ったものも、数多く出回っています。あるデータによれば「野菜パウダーを1グラム摂取すると通常の野菜を10~20グラム食べた」という計算になるとも言われています。また、野菜を加工することで消化吸収しやすい状態になっており、栄養を手軽に摂取できるのも人気の理由です。 野菜パウダーの使い方とおすすめ料理 野菜パウダーは素材の甘味や旨味が凝縮しており、野菜嫌いな子どもでも食べやすいのが特徴です。例えば離乳食に使用する場合は、お粥やおやきなどに少量混ぜてみましょう。料理の見た目が鮮やかになり、赤ちゃんが食べやすくなります。子どものおやつには、野菜パウダーを使ったホットケーキや蒸しパン、野菜パウダー入りのヨーグルトなどもおすすめです。 大人向けの食べ方でおすすめなのは、炊き込みごはんやリゾットなどを作る際に加えたり、ディップに加えたりする食べ方です。ほうれん草パウダーを加えると料理が緑色になるなど、料理の色合いがパッと変化するのでパーティー料理などにも向いています。 野菜パウダーを日常的に摂取したいという方には、野菜パウダーを使ったラテもおすすめです。通常はコーヒーや抹茶などを使って「カフェラテ」や「抹茶ラテ」を作りますが、その代わりに野菜パウダーを使い、温めた牛乳や豆乳と、お好みで砂糖や蜂蜜などを加えます。この他、甘酒やスムージーに少量の野菜パウダーを加えるのもよく合います。 今話題の野菜パウダーは、栄養が豊富でカラフルな色合いが食欲をそそります。美と健康に気遣う方や野菜不足が気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。
便利で美味しい!離乳食にも使える「野菜パウダー」ってどんなもの?
NEW 2021.02.25

美味しくて罪悪感なし。おやつにも大人気の「プロテインバー」って何?

プロテインバーが人気を集める理由とは? プロテインを配合した商品が、美と健康に意識の高い人たちの間で人気を集めています。以前は、プロテインと言えば「筋肉を付けたい人が摂取するもの」というイメージが強くありましたが、現在は手軽でヘルシーな栄養補給として好まれるようになってきました。 特に2019年はプロテインを使った商品「プロテインバー」が大ヒットし、一時は品切れするほどの状態だったのだとか。国内で生産された製品も多く、コンビニエンスストアなどでも手軽に購入できるようになったことも、その人気に拍車をかけています。 身体を健康に保つために「タンパク質」が必要であることは各方面から言われていますが、忙しい時などにはおにぎりやパン、麺類など炭水化物に偏った食事になりがちです。そんな時に一日に食事にプロテインバーをプラスするだけで、必要なタンパク質を無理なく摂取することができます。 プロテインバーってどんなもの? プロテインとは簡単に言えば「タンパク質」のこと。タンパク質の含有量は製品によって異なりますが、一般的にはプロテインバー1本につきタンパク質10~30g程度が含まれています。プロテインバーは、コンビニエンスストアやスーパーのほか、インターネット通販などでも購入することができます。 また、どんなに体に良くても美味しくなければ長続きしませんが、プロテインバーは「美味しい」という点も大きな魅力です。人気のチョコレート味だけでなくナッツやバニラの香りがするものもあり、いろいろな種類の中から自身の好みに合ったものを選べるというのも魅力的ですね。また、ザクザクとした食感で食べ応えのある「クランチタイプ」や軽い食感でお菓子のような「ウエハースタイプ」、しっとりとしたグラノーラのような「グラノーラタイプ」など、さまざまな食感が選べます。栄養面で見ると、タンパク質の量だけでなく、カロリーや糖質、食物繊維、脂質なども各商品によって異なるので、自分のニーズに合ったものを見つけたいですね。 今話題のプロテインバーは、おやつや間食として、罪悪感が少なく食べられる人気の商品です。ぜひいろいろな種類を食べ比べてみて、自分の好みにあったものを探してみてはいかがでしょうか。
美味しくて罪悪感なし。おやつにも大人気の「プロテインバー」って何?
NEW 2021.02.23

ネットデリバリーの仮想専門店「ゴーストレストラン」とは

感染症対策から以前に比べて集まって会話しながら食事やお酒を楽しむ機会が激減してしまったという声を多く耳にします。 しかし人間の「おいしいものを食べたい」という欲求は、感染症が拡大してもとどまることはありません。 それに応じるかのように、テイクアウトやデリバリーが急成長しています。 そこで今回はネットデリバリーで増えている仮想専門店「ゴーストレストラン」について解説します。 仮想「専門店」? ゴーストレストランとはイートインスペースを持たずデリバリーサービスに特化した飲食店です。 リアルでは一つの店舗である居酒屋などがメニューごとの専門店として別々の看板を掲げ、ネットからのデリバリー注文に応じる形態のほか、そもそもリアルの店舗を持たず、自社キッチンやシェアキッチンなどを拠点に複数のネットデリバリー専門店として展開している場合もあります。 どちらもネット上に複数店舗を擁しているのが特徴的ですが、それぞれの店舗はデパートのように「何でもそろっている」ことを売りにするのではなく、ショッピングモール内のテナント店のような「ターゲットを絞った専門店」として打ち出されるのが一般的です。 というのも、「専門店」という言葉は魅力的で、店名に「専門店」が付くか否かで売り上げも大きく変わるのだとか。 いかに私たちが日ごろ「専門店」という言葉に吸い寄せられ、商品選択の参考にしているかということが如実に示されているとも言えますね。 逆に言えば、ネットデリバリー界隈ではもはや「専門店」であることはスタートラインなのかもしれません。 味で勝負する前に、キャッチコピーや写真といったウェブ上の情報で勝負する必要があるのです。 ゴーストレストランのメリット リアルレストランと比較した、ゴーストレストランのメリットは、なんといっても開業資金を抑えられる点です。 リアル店舗の開店には、すくなくとも数百万円かかるのが一般的です。 しかしゴーストレストランでは物件の立地に制限がないばかりか、シェアキッチンを利用すれば設備投資費用も掛かりません。あるいはすでにリアル店舗を経営しているのならば、追加でかかるのはウェブサイト関連の費用だけで済みます。 つまり、ゴーストレストランは安ければ数十万円程度で開業することも夢ではないのです。 さらには運営コストも劇的に抑えられます。高い物件賃料や人件費を節約することで、低価格を追求することもできますし、逆に材料費をかけて「味」を追求することもできます。 ただ、高い値段に見合うだけの魅力的な情報を満載して、注文者に「食べたい!」と思わせるのは難しいことかもしれません。 初回限定割引、少量でのお味見メニュー設定など工夫を凝らして初回注文を取ることができれば、高い値段でもその味を魅力に感じるリピーターが付くことも十分に考えられます。 リアル店舗では採算が取れないような個性的な店、こだわりの店などもゴーストレストランなら人気店になる可能性もあるわけで、そう考えるとワクワクしますね。 新型コロナウィルスの感染予防と外で集まって食事をする形態がマッチしない以上、今後ともデリバリーサービスは今後大きく成長していくでしょう。 ゴーストレストランという飲食業の新しいスタイルに今後とも注目です。
ネットデリバリーの仮想専門店「ゴーストレストラン」とは
NEW 2021.02.18

金曜カレーってどんなカレー?その由来と隠し味の秘密

金曜カレーの由来 金曜カレーという言葉を耳にしたことがありますか。 海上自衛隊で毎週金曜日に食べるカレーは「金曜カレー」と呼ばれ、今やSNS上でも大人気となっています。 広い洋上で幾日も航海を続けると曜日感覚がなくなってしまうので、毎週金曜日にカレーを食べるという説がまことしやかにささやかれていますが、驚くことにこれは後付けの理由なのだとか。 実は週末=金曜日の昼食にカレーを定番とする鑑定部隊が増えたのは昭和60年以降の週休二日制が一般的になってからで、それ以前には決まった曜日にカレーを食べる習慣はなかったのだそうです。 ではそもそもなぜ海上自衛隊でカレーが定番なのでしょうか。 それを説明するには、明治初頭までさかのぼらなければなりません。 当時の日本海軍では慢性的な栄養不足から脚気にかかる兵士が大勢いました。そんな兵士たちの食事環境を改善しようと注目されたのがイギリスから伝わったカレーだったのです。 栄養豊富で大量調理に向いているカレーはおいしいのはもちろんのこと、生薬(スパイス)使用による健康効果まで期待できる、兵食にうってつけのメニューだったわけですね。 海軍カレーには明治時代からの伝統が刻み込まれています。 金曜カレーの隠し味の秘密 海上自衛隊の基地や艦艇それぞれに特製カレーがあるのだそうです。特に食の楽しみが大変重要ということで多めの予算が割り当てられている潜水艦のカレーは絶品なのだとか。 レシピが公開されているものもありますが、今回は隠し味に焦点を当てて紹介します。 ・潜水艦せとしおカレー ショウガ風味のチキンカレーで、隠し味はインスタントコーヒー、はちみつ、トマトジュース、ホタテ貝柱のすりつぶし ・潜水艦こくりゅうカレー 野菜の芯や皮でとるスープストックベースのポークカレーで、隠し味はインスタントコーヒー、イチゴジャム ・潜水艦ずいりゅうカレー  秘伝のポークカレーでルーは市販品を複数ブレンド、隠し味は粉チーズ、ウスターソース、中濃ソース、ケチャップ、フルーツチャツネ、はちみつ、牛乳、コーヒー 一口にカレーと言っても、バリエーション豊かで、入れる隠し味も千差万別です。 こんな隠し味の組み合わせで入れるとどんな風に味に深みが出るのか、試してみたくなりますね。 一つ注意点は、あくまでも隠し味なので味がわかるほど大量に入れないこと。たったこれだけ?という量から味を調えてみましょう。 ご家庭でカレーを作る際には、ぜひ参考にしてみてください。
金曜カレーってどんなカレー?その由来と隠し味の秘密