シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

クラフトビール後編~フレッシュなクラフトビールを自宅で飲みたい!~

2021.01.26

主にビアバーなどの飲食店で飲むイメージの強いクラフトビール。瓶や缶で市販されているものもありますが、やはりビアバーの壁に並ぶタップと呼ばれる蛇口から注がれたばかりのクラフトビールは格別です。
なかなか外で飲み会をするのは難しいこのご時世ですが、だからといってあきらめてしまうのはもったいない!
実は、最近ではクラフトビールをテイクアウトできる店も増えてきています。
自宅で注ぎたてクラフトビールを楽しむ方法を紹介します。

グラウラー(グロウラー)

ビール好きの心をくすぐるビール専用水筒「グラウラー」をご存じですか。
「growler」の「growl」は「うなる」意で、蓋を開けるときに聞こえるビールの炭酸ガスの音が動物の唸り声に似ていることが語源なのだとか。
日本ではまだなじみの薄いグラウラーですが、欧米ではクラフトビールの量り売りは一般的な販売方法で、さまざまなグラウラーから好みのものを選んでクラフトビールをテイクアウトするのだそうです。
グラウラーは洗って繰り返し使うものなので、ごみも出ずエコ。環境にやさしい容器としても注目されています。
グラウラーには保冷機能の有無で2つの種類があります。
保冷機能がないものはガラスやステンレス製で、グラウラーごと冷蔵庫や氷水の中に入れて冷やすという使い方ができるほか、あまり冷やさずに飲むエールビールなどを入れるのがおすすめ。
保冷機能があるものは真空二重構造になっており、持ち運び時間が長い場合に最適です。
なお、通常の水筒には炭酸飲料を入れることはできません。ビールをテイクアウトする際には必ず炭酸飲料を入れられる容器を使用するようにしましょう。

クラウラー、ペットボトル

お店によってはその場でアルミ缶に詰めて製缶してくれるクラウラーという方法もあります。
まだ導入しているところはさほど多くはありませんが、目の前で缶に封がされるのは見ていて物珍しく面白く感じられそうです。
水筒であるグラウラーよりも気密性が高いので、フレッシュさが比較的長持ちするのも特徴です。
そのほかに、茶瓶と同程度の遮光性を備えたビール専用のペットボトルが利用できるところもあります。ペットボトルは軽く、安価なのがメリットです。

最近ではビアバーだけではなく、ブルワリー(醸造所)にテイクアウト販売を行うグラウラーショップが併設されていることもあります。
例えばキャンプ場で1泊してバーベキューを楽しむ場合、キャンプ場近くにブルワリーがあればクラフトビールを好きな量テイクアウトしてバーベキューで楽しむこともできるわけです。思い浮かべるだけで喉がなってしまいそうですね。

本来、飲食店で提供される酒類はその場で飲むのが原則であり、テイクアウトするためには酒類小売業免許が必要でした。しかしコロナ禍となったことで、お酒のテイクアウトができるよう、国税庁は「期限付酒類小売業免許」を付与する措置をとりました。
これを機にもっとクラフトビールを含め酒類全般のテイクアウトの裾野が広がる可能性は高いと考えられます。
いつもはいつもの缶ビール、特別な時にはクラフトビールのテイクアウト。そんな家飲みスタイルも素敵ですよね。