シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

便利で美味しい!離乳食にも使える「野菜パウダー」ってどんなもの?

2021.03.09

野菜パウダーってどんなもの?

野菜などを特殊な技術を用いて乾燥させて粉状に砕いた「野菜パウダー」。保存性が高いだけでなく、離乳食にも使用できるような安全安心で美味しいものも登場しており、離乳食の赤ちゃんから野菜不足気味の大人まで幅広い年代からの支持を集めています。さらに介護食にも使われるなど、昨今ますます注目が高まっています。そこで今回は、野菜パウダーについて紹介したいと思います。

いろいろなメーカーから製品が販売されていますが、野菜パウダーに使われる代表的な野菜は、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、とうもろこし、むらさき芋などです。忙しい現代人に不足しがちな緑黄色野菜を使ったものも、数多く出回っています。あるデータによれば「野菜パウダーを1グラム摂取すると通常の野菜を10~20グラム食べた」という計算になるとも言われています。また、野菜を加工することで消化吸収しやすい状態になっており、栄養を手軽に摂取できるのも人気の理由です。

野菜パウダーの使い方とおすすめ料理

野菜パウダーは素材の甘味や旨味が凝縮しており、野菜嫌いな子どもでも食べやすいのが特徴です。例えば離乳食に使用する場合は、お粥やおやきなどに少量混ぜてみましょう。料理の見た目が鮮やかになり、赤ちゃんが食べやすくなります。子どものおやつには、野菜パウダーを使ったホットケーキや蒸しパン、野菜パウダー入りのヨーグルトなどもおすすめです。

大人向けの食べ方でおすすめなのは、炊き込みごはんやリゾットなどを作る際に加えたり、ディップに加えたりする食べ方です。ほうれん草パウダーを加えると料理が緑色になるなど、料理の色合いがパッと変化するのでパーティー料理などにも向いています。

野菜パウダーを日常的に摂取したいという方には、野菜パウダーを使ったラテもおすすめです。通常はコーヒーや抹茶などを使って「カフェラテ」や「抹茶ラテ」を作りますが、その代わりに野菜パウダーを使い、温めた牛乳や豆乳と、お好みで砂糖や蜂蜜などを加えます。この他、甘酒やスムージーに少量の野菜パウダーを加えるのもよく合います。

今話題の野菜パウダーは、栄養が豊富でカラフルな色合いが食欲をそそります。美と健康に気遣う方や野菜不足が気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。