シェアシマレポート

人気のタグはこちら

薬用酒・健康酒の魅力と、初心者にもおすすめの選び方

2021.07.14

薬用酒の魅力とは?

薬用酒は、生薬やハーブなどを使ったお酒のこと。健康酒や薬酒と呼ばれることもあります。薬用酒は、はぶ酒や高麗人参酒などいろいろな種類が存在します。お酒が好きな方だけでなく、健康維持のために薬用酒を飲み始める人も増えているようです。そこで今回は、薬用酒の魅力と初心者と初心者にもおすすめの選び方をご紹介します。

薬用酒の魅力は、生薬やハーブなどを継続して摂取できること。料理に使うとなると忘れてしまったり面倒になったりして「長続きしない」という人も、薬用酒であれば比較的続けやすいのではないでしょうか。気になる味わいですが、薬草やハーブの独特の風味を和らげるために、甘味を付けるなどの工夫がされているものも多いです。もちろん、メーカーや製品によって味は異なりますが、飲みやすいタイプもたくさん登場しています。

薬用酒はロックやストレートで飲むのが定番ですが、その種類に応じてお湯や炭酸で割ったり、お菓子の風味付けに加えたりすることもできます。好みに応じていろんな楽しみ方ができるのも、魅力のひとつです。

初心者にもおすすめ、薬用酒の選び方

「薬用酒を飲むのが初めて」という人は、次の3つのポイントを意識して選ぶようにするのがおすすめです。

・医薬品の指定を受けているかどうか

薬用酒のなかには「第三類医薬品」や「第二類医薬品」という指定を受けているものがあります。この指定を受けた薬用酒は、医薬品として効果が承認されていることを意味しています。表示をよく確認して、よく分からない場合や他の薬を飲んでいる場合は、薬剤師や医師、メーカーなどに相談するようにしましょう。

医薬品の表記がないものは、薬用酒の効果が保証されていません。その分、甘味が強くて苦味が少ないなど、飲みやすいものが多いです。自身の好みや必要に応じて選ぶといいでしょう。

・どんな生薬・ハーブが使われているか

薬用酒はその目的に応じて、使用する生薬やハーブの種類が異なります。たとえば、冷え対策には生姜やケイヒ(シナモン)などを使うことが多いです。どんな生薬・ハーブが使われているのかを予め確認するようにしましょう。

・アルコール度数はどのくらいか

薬用酒のアルコール度数は、13%前後のものが多いですが、なかには25~30%程度のものもあります。アルコールに弱い人は、アルコール度数の低いものを選ぶようにするなど注意してください。

最近注目を集めている、薬用酒。基本的なポイントを把握しながら、自分の好みやニーズに合うものを見つけて、健康維持に役立てたいですね。

シェアシマはこちら
share
三井製糖株式会社 おやいづ製茶
健康食品原料 製菓・製パン原料特集

関連するレポートはこちら

NEW 2021.10.13

神秘的な青色「バタフライピー」の魅力

抜けるような夏空よりももっと濃く鮮やかな青。深海から緑っぽさを引いたような神秘的な青。瑠璃色、サファイアブルー、ロイヤルブルー。そんな青色のハーブティーがあるのをご存じですか。 それが、バタフライピーのハーブティーです。 <青色が身も心も癒す> バタフライピーは和名を「蝶豆(ちょうまめ)」という、大きく開いた花びらが蝶を思わせる青色のきれいな花を咲かせるマメ科の植物です。特にタイではアンチャンと呼ばれ、ハーブティーやカクテル、スイーツの色付けとしてポピューラーなハーブなのだそう。 この青色はアントシアニン色素の一種「テルナチン」によりもたらされます。テルナチンは非常に安定性が高く、酸化しにくいという特徴があります。この強力な抗酸化作用からは、目の疲れの改善や美肌効果、アンチエイジング効果、生活習慣の予防やダイエット効果などが期待できる可能性があるのです。 飲んで嬉しいこの成分が、見た目にも神秘的で美しい青色をしているなんてとてもロマンがありますよね。 さらに、酸を加えるとなんとこの青色が変化します。 レモンなどの柑橘の果汁を加えると、真っ青から赤みが加わって紫色に大胆に変化。青色も紫色も、変わる過程もどれもが映えること間違いありません! インスタグラムでは2021年8月末現在8万7000件を超える投稿がなされ、その魅力が広まりつつあります。 <沖縄県産品に期待> このバタフライピーを沖縄の活性化にいかそうとする動きもあります。2021年3月には「バタフライピー産業推進団体」が設立され、13団体が加盟しました。今はまだ沖縄県内での年間生産量はおよそ8トンですが、今後5年で栽培農家を増やし、500トンを目指すとしています。 バタフライピーは収穫する部分が花なので軽く、収穫も容易なことから耕作放棄地の活用や障碍者雇用にもつながるのではないかと期待されます。 コロナ禍の終息がなかなか見えてこない中ですが、沖縄県産のバタフライピーは通信販売などでも購入できます。 実際に足を運んで、目の前に広がる青い海とバタフライピーの青色を楽しむのはもちろん素敵です。 たとえ旅に出るのが難しくても、自宅にいて沖縄県産バタフライピーのハーブティーで美しい沖縄の海に思いを馳せる。そんな小さな沖縄体験も楽しそうですね。 なお、バタフライピーはノンカフェインですが、子宮収縮作用や血小板凝固抑制作用もあります。 1日に1杯程度であれば過度に心配する必要はありませんが、その作用には個人差がありますので生理中や妊娠中には避けた方が安心できそうです。
神秘的な青色「バタフライピー」の魅力
NEW 2021.10.04

健康志向の人たちに支持される「酵素玄米」とは?その効能と作り方

酵素玄米とは? 玄米を寝かせて作る、酵素玄米。美と健康に意識の高い人たちを中心に、少し前から人気を集めています。酵素玄米とは一体どんなものなのでしょうか。今回は、酵素玄米の概要や効能、簡単な作り方についても紹介します。 酵素玄米は、玄米を小豆などと一緒に炊いた後、3日程度保温して寝かせて作られます。玄米に含まれる酵素の働きにより、普通の玄米に比べて栄養価が高まるとされています。酵素玄米が人気を集める主な理由として、「食べやすい食感」があります。寝かせて熟成させることによって「モチモチ」の食感に変化するため、玄米独特の「ボソボソ」した食感が苦手な人もおいしく食べることができます。 また、酵素玄米は普通の玄米に比べて消化しやすいのも大きな魅力です。「玄米を食べるとお腹を壊しやすい」「消化できないので玄米は控えている」という人にも支持されています。 酵素玄米のつくり方 酵素玄米を作るために、特別な道具は必要ありません。家庭用の炊飯器があればおいしく作ることができます。では早速作ってみましょう! 用意する材料は、玄米3合、小豆30g、自然塩小さじ1です。玄米と小豆を水で洗ってから、ボウルに入れて泡だて器などで3~5分間混ぜて、玄米の表面に傷をつけます。その後、6時間以上浸水させて、炊飯器で炊きます。 玄米が炊き上がったら15分程度蒸らした後、しゃもじなどで底からしっかりと混ぜて、3日程度保温します。保温している間は、1日1回混ぜるようにします。この混ぜる作業を省くと、玄米が固くなったり味が落ちたりしてしまいます。できあがった酵素玄米は、10日以内に食べるようにしましょう。もし食べ切らない場合には、小分けにして冷凍保存するようにします。もし異臭や異変を感じる場合には、腐敗している可能性もあるので処分するようにしましょう。 玄米を食べる時に気になるのが、残留農薬の問題です。お米に残った農薬は胚芽やぬかの部分にたまりやすいといわれています。精米することで取り除かれる部分ですが、玄米の場合は農薬が残っているとそのまま体に入っていきます。玄米を使用する際には、農薬残留検査を行ったものを選ぶなど、意識するようにしたいですね。 昨今注目を集めている酵素玄米は、自宅でも簡単に手作りできます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
健康志向の人たちに支持される「酵素玄米」とは?その効能と作り方
NEW 2021.09.29

トクホ?機能性?栄養機能?保健機能食品を理解しよう!

いつも行くスーパーの陳列棚、食品の品ぞろえを想像してみてください。数えきれないくらいの商品が並んでいて、手に取ったことのないものも多いかもしれませんね。 食品を選ぶ決め手は何でしょうか。価格やパッケージから受ける印象、広告を見たり知人に勧められたりと人それぞれにさまざまな決め手があるでしょう。 中には万歳した人の躍動感あるシルエットが特徴的な「トクホ」マークを決め手に商品を選んだこともあるかもしれません。 マークがついてないものに比べるとトクホ食品は多少高価格帯になるようです。その価格差の根拠を知ることなく「何か特別なマークがついているから効きそう」といったふんわりしたイメージで選んでしまいがちなトクホ食品。 そこで今回はトクホを含めた「保健機能食品」について正しく理解できるよう、解説レポートをお届けいたします。 <保健機能食品って?> せっかく食べるならば健康にいいものを食べたい。それは誰しもが願うところですが、では「健康にいいもの」はどれかと言われると客観的な基準を明示することは難しいですね。 巷にはさまざまな健康食品が存在しますが、これは販売する側が「健康食品です!」と決めているものですので、購入する側から比較検討する統一された基準のようなものはなく、個々がそれぞれに自己判断して購入するしかないという難しさがあります。 そこで平成13年に厚生労働省によって「保健機能食品制度」が創設されました。 この保健機能食品は「特手保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」を含み、平成27年には「機能性表示食品」が加えられました。 <特定保健用食品(トクホ)> トクホは製品ごとに国の審査を個別に受け、内閣総理大臣に許可された食品です。表示している効果やその安全性について、消費者庁を中心とした機関が個別に詳細な審議を行った上で許可されるものですので、言ってみれば国が個別にお墨付きを与えた商品とも言えます。 ただしトクホとはいえあくまでも食品ですので、医薬品のような効能を期待するべきではありませんし、大量に摂取したからと言って大きな効果が出るわけではないことに注意が必要です。 <栄養機能食品> 栄養機能食品はビタミンやミネラルなどの栄養成分が国の定めた基準を満たす場合に表示できます。トクホと異なり個別の許可申請は必要ありませんが、一定の基準を満たしているという客観的な指標になります。 <機能性表示食品> 機能性表示食品は商品を発売する前に消費者庁に届け出をする必要があります。届け出る内容は企業の基本的な情報や機能性の根拠、安全性、生産や品質の管理などについてとなり、消費者庁が書類に不備がないことを認めて届け出番号を付与すると「機能性表示食品」として販売できます。トクホでは開発コストが大きすぎて参入が難しかった中小企業から多くの機能性表示食品が認可されています。 消費者庁の「機能性表示食品の届け出情報検索(https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/)」で商品名や機能性で検索できますので、活用してみてくださいね。
トクホ?機能性?栄養機能?保健機能食品を理解しよう!
NEW 2021.09.27

酵食好きは必見!酵素シロップ・酵素ジュースの効能と作り方

酵素シロップ・酵素ジュースとは? 酵素シロップや酵素ジュースとは、果物や野菜の酵素を抽出したシロップやジュースのこと。自宅で手軽に手作りできることから、SNSなどでも数年前から話題になっています。 そもそも酵素というのは、消化を助けるなど体を健康に保つためになくてはならないものです。ぬか漬けなどの発酵食品に多く含まれていますが、加工食品や外食が多い生活を続けていると、不足しやすくなります。酵素が不足すると、免疫力の低下などの不調が出やすくなるとされています。 酵素シロップや酵素ジュースは、おいしいだけでなく、現代人に不足しやすい酵素を手軽に摂取できるという点からも注目を集めています。 酵素シロップの基本の作り方と飲み方 酵素シロップにはいろいろな作り方がありますが、まずは基本のレシピをお伝えします。酵素シロップは砂糖を使って果物や野菜などの食材を発酵させますが、砂糖の量は食材の重量の「1.1倍」です。食材が1kgであれば、砂糖は1.1㎏必要という計算になります。 使用する砂糖の種類は、最初は不純物が少ないグラニュー糖や白砂糖を使うようにしましょう。また、食材は皮も丸ごと使いたいので、無農薬栽培のものなどを選ぶと安心です。無農薬のものが入手しづらい場合には、重曹を溶かした水で洗うようにするのがおすすめです。シロップ作りに向いている食材は、発酵しやすいキウイフルーツや梅、柑橘類などです。 作り方は、刻んだ食材と砂糖を清潔な保存瓶のなかに交互に重ねていきます。最後は砂糖でフタをするようにして、瓶にガーゼなどをかぶせて空気が通るようにします。毎日1~2回、底からしっかりと混ぜるようします。季節にもよりますが、1~2週間程度経過して小さな泡が立つようになってきたら完成のサインです。ザルなどで食材をこせばシロップのできあがりです。もしも途中で異臭などがした場合には、腐敗している可能性もあるので処分するようにしましょう。 完成したシロップは、そのまま飲むこともできますが、水や豆乳などで割ると飲みやすくなります。ドレッシングの材料に使うなど、料理の甘味付けとして使うのもよく合います。肉や魚料理の下処理に使うと、酵素の力で素材を柔らかく仕上げることができます。 おいしくて体に嬉しい効果が期待できる、酵素シロップや酵素ジュース。気になる人は、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。
酵食好きは必見!酵素シロップ・酵素ジュースの効能と作り方