シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

昨今話題の「チルアウト」!食のトレンドにも関係していた⁉

2021.09.15

「チルアウト」の意味とは

昨今若者の間でよく使われている言葉「チルアウト」をご存知でしょうか。チルアウトには「心を落ち着かせる」「ゆっくりする」「のんびりする」という意味があります。自分の好きなことをしてくつろぐという時に、よく使われる言葉です。

チルアウトの一例として、カフェなどでのゆったりとした時間などが挙げられます。また、会話のなかでは「最近忙しかったので、週末はチルアウトしよう」や「映画を観て、チルアウトしたい」などのように使われます。チルアウトは、気が張っている状態を落ち着かせるような場面で使用することが多いです。チルアウトを省略して「チル」「チルする」と使うこともあります。

最近ブームの「チルアウト消費」

もともと、チルアウトは音楽のジャンルを示す用語として登場した言葉です。しかし、現在は音楽だけでなく、さまざまな場面で使われています。そのなかでも特に注目したいのは、若い人たちの間で昨今ブームになっている「チルアウト消費」です。

チルアウト消費の代表例のひとつが、「たき火」です。たき火をしていると体が温まるだけでなく、心が落ち着いたりすることがあります。たき火は一人でも楽しむことができます。コロナ禍での暮らしが長期化し旅行に出かけることが難しくなりつつある昨今、さらに人気が高まっています。

チルアウトと食のトレンドの関係とは

チルアウト意識した商品として、リラクゼーションドリンク「CHILL OUT(チルアウト)」が登場し、注目を集めています。「Endian」という会社が販売しているもので、メーカーの公式サイトには「チルする?」「ストレス社会にチルでクリエイティブなライフスタイルを」という言葉が掲げられています。

この事例のようにチルアウトを全面に打ち出したものはまだ少ないですが、チルアウト消費を意識した商品は最近増えつつあるようです。たとえば、女性を中心に支持されている薬膳の考え方を取り入れた食事や薬膳食材などは、チルアウト消費につながるものでしょう。

チルトアウトという言葉とともに、人気が高まりつつあるチルアウト消費。今後もその動向を追っていきたいと思います!