シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

酵食好きは必見!酵素シロップ・酵素ジュースの効能と作り方

2021.09.27

酵素シロップ・酵素ジュースとは?

酵素シロップや酵素ジュースとは、果物や野菜の酵素を抽出したシロップやジュースのこと。自宅で手軽に手作りできることから、SNSなどでも数年前から話題になっています。

そもそも酵素というのは、消化を助けるなど体を健康に保つためになくてはならないものです。ぬか漬けなどの発酵食品に多く含まれていますが、加工食品や外食が多い生活を続けていると、不足しやすくなります。酵素が不足すると、免疫力の低下などの不調が出やすくなるとされています。

酵素シロップや酵素ジュースは、おいしいだけでなく、現代人に不足しやすい酵素を手軽に摂取できるという点からも注目を集めています。

酵素シロップの基本の作り方と飲み方

酵素シロップにはいろいろな作り方がありますが、まずは基本のレシピをお伝えします。酵素シロップは砂糖を使って果物や野菜などの食材を発酵させますが、砂糖の量は食材の重量の「1.1倍」です。食材が1kgであれば、砂糖は1.1㎏必要という計算になります。

使用する砂糖の種類は、最初は不純物が少ないグラニュー糖や白砂糖を使うようにしましょう。また、食材は皮も丸ごと使いたいので、無農薬栽培のものなどを選ぶと安心です。無農薬のものが入手しづらい場合には、重曹を溶かした水で洗うようにするのがおすすめです。シロップ作りに向いている食材は、発酵しやすいキウイフルーツや梅、柑橘類などです。

作り方は、刻んだ食材と砂糖を清潔な保存瓶のなかに交互に重ねていきます。最後は砂糖でフタをするようにして、瓶にガーゼなどをかぶせて空気が通るようにします。毎日1~2回、底からしっかりと混ぜるようします。季節にもよりますが、1~2週間程度経過して小さな泡が立つようになってきたら完成のサインです。ザルなどで食材をこせばシロップのできあがりです。もしも途中で異臭などがした場合には、腐敗している可能性もあるので処分するようにしましょう。

完成したシロップは、そのまま飲むこともできますが、水や豆乳などで割ると飲みやすくなります。ドレッシングの材料に使うなど、料理の甘味付けとして使うのもよく合います。肉や魚料理の下処理に使うと、酵素の力で素材を柔らかく仕上げることができます。

おいしくて体に嬉しい効果が期待できる、酵素シロップや酵素ジュース。気になる人は、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。