シェアシマレポート

人気のタグはこちら

“ AI ”

2021.04.06

味を数値化する「味覚センサー」とは

最近どんな美味しいものを食べましたか。その味わいを思い出すことができますか。 人間が感じる味は5種類、塩味・酸味・甘味・うま味・苦味の五味と言われます。 複雑な味を言葉で細かく表現することは難しいですが、「おいしい」という便利な言葉がありますね。 この「おいしい」という味は非常に主観的であり、五味が複雑に絡み合って感じられるものなので、機械で計測し数値化するのは難しそうなイメージです。 しかし!味覚センサーはなんとこの「味わい」を一定の数値として表すことができるのです。 今回はこの驚くべき味覚センサーについて探っていきます。 味覚を感じると体内で何が起こるのか そもそも味を感じるとは非常に主観的な感覚のように思えますが、体内では何が起こっているのでしょうか。 食品の中に含まれる味のもととなる物質が舌にある味蕾(みらい)と触れるとわずかに電圧が発生します。この電位変化が脳に伝わることで甘い、苦いといった味覚が知覚されます。 つまり情報が神経を伝って脳に届くという反応は電気的なものと言えるわけです。事実としてはそうなのですが、この体内でそんなことが起こってると思うと、少し不思議な気持ちになりますね。 味覚センサーの可能性 この味蕾(みらい)における電位変化を人工的な舌で再現し、それを測定することで味を数値化しようと開発されたのが、味覚センサーです。 1990頃にはすでに味認識についての共同研究が行われており、1993年には世界初の味覚センサーが実用化されました。その後コンピュータ技術の発展とともに飛躍的に改良が進み、研究機関のみならず世界中の企業等にも導入されています。 現在では人工知能なども組み込まれ、複雑な味をより高い精度で数値として表現できるまでになっています。 プリンに醤油をかけるとウニの味がする、という話を耳にしたことがあるかもしれませんが、これも実は味覚センサーが導き出した味の足し算なのだそうです。 味覚センサーにより味を数値化できれば、食品メーカーにとっては安定した味を目指すにあたって大きな支えになります。 また相性のいい味の組み合わせが分かるということから、メニュー開発やスーパーでのクロスマーチャンダイジングの面でも活用が期待されます。 ただし、最終的な「おいしさ」とは味覚だけではなく、それ以外の嗅覚、視覚、触覚、聴覚まで含めた五感によってもたらされます。 しかしそれだけがおいしさをもたらす要素というわけではありません。 空腹は最高のスパイスだ、という言葉もあります。器や雰囲気、飲食を共にする相手やシチュエーション、ひいては本人の健康状態にも「おいしさ」が大きく左右されることは、皆さんご自身の体験からも納得できますよね。 つまり、おいしさとは味にとどまらない、丸ごとひっくるめた一つの「体験」なのです。 味覚センサーは味覚の面から「おいしさ」を支えてくれます。 これを土台に「体験」をより良いものにするためには、一人ひとりが味覚以外の要素にも気を配ることが大切だということも忘れないようにしたいものですね。
味を数値化する「味覚センサー」とは
2021.03.25

農業×ITの現状や目的とは?ドローンを利用した米作りなど具体例も

「スマート農業」の定義・目的とは? 高齢化が進み人手不足が叫ばれる農業において、IT技術を活用した取り組みが進んでいます。農林水産省では、「ロボット技術やICT等の先端技術を活用し、超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業」のことを「スマート農業」と定義しています。スマート農業は、他の国々では「スマートアグリ」「スマートアグリカルチャー」「アグテック」「アグリテック」などとも呼ばれ、すでにさまざまな取り組みが行われています。 IT技術の進化や普及によって、社会全体が便利で効率的なものへと変化する一方で、従来の農業においてはITやICTの導入が難しいと言われてきました。しかし、少し前から農業分野におけるIT技術の導入が加速度的に進んでいます。 スマート農業の目的は、慢性化しつつある人手不足を補うことだけではありません。これまでは家族間で継承してきた農業技術を、スマート農業を活用することにより、新規就農者へスムーズに伝えていくことができます。 また、スマート農業には、日本の食料自給率を高める目的もあります。人材不足のなかで食料自給率を高めるために、ロボットなどを上手に利用することが求められています。 ドローンを活用したお米ってどんなもの? ドローンやAIを使うことで農薬の使用量を減らして作った安心安全なお米が登場し、注目を集めています。AIなどの利用により、害虫を検知や、作物の生育状況の把握がしやすくなり、消費者や環境にやさしいだけでなく、農家の人たちの手間を省くことにもつながっています。 こうした米作りの方法はいろいろな産地で導入されるようになりつつあります。消費者の側から見れば、お米の品種や、玄米・白米・無洗米といった種類を選べるようにもなってきており、どんどん進化しています。 農業分野におけるIT技術の導入には、やってみなければ分からないような困難や障害も多く、一筋縄ではいかないことも多くあります。しかしながら、農業の人材不足問題を解決し、日本の食料自給率を改善していくために効果的な方法のひとつであることは事実です。 ドローンを活用した米作りなどの事例に学びながら、これからもその進捗をチェックしていきたいですね。
農業×ITの現状や目的とは?ドローンを利用した米作りなど具体例も
2020.12.21

食品業界におけるブロックチェーンの可能性とは?③

①ではブロックチェーンの簡単な仕組み、②では国内における実証実験の事例を紹介しました。 最終回となる今回は、海外における具体的な事例を紹介します。 ネスレ 日本では主にコーヒーでお馴染みのネスレは、実は飲料・食品業界で売上世界トップを誇る食品メーカーです。 IBMが開発した食品サプライチェーンの追跡ネットワークである「IBM Food Trust」に立ち上げ初期から参加するなど、ブロックチェーンを積極的に活用しています。 2020年4月には、スウェーデンで展開するコーヒーブランド「Zoégas(ゾエガス)」の「Summer 2020」シリーズを「IBM Food Trust」上で追跡できるようにするという発表がありました。 パッケージにあるQRコードをスキャンすると、収穫されたコーヒー豆が店頭に並ぶまでどのような経路をたどったかが確認できるといいます。 ブロックチェーン上に書き込む情報については、正確な情報提供を行う役割を第三者である信頼のおける認証機関が担うことで、ブロックチェーン上に虚偽の情報が書き込まれないようになっています。 「IBM Food Trust」は2018年に商用提供が始まっており、Nestlé(ネスレ)だけでなくウォルマートやドール、ユニリーバなどを含む80社以上が参画しています。 スターバックス 世界最大手のコーヒーチェーン企業であるスターバックスも、ブロックチェーンを利用した「農園からカップまで」のコーヒー豆追跡プロジェクトを2020年8月から展開しています。スターバックスはマイクロソフト社と提携しており、利用しているのは上のIBMとは異なるプラットフォームです。 全米のスターバックスで購入したコーヒー豆のパッケージに記載されているコードをウェブ上に入力すると豆の原産地や焙煎業者の情報を追跡でき、また逆に生産者側も豆が最終的にどこで買われていったのかまでわかるといいます。 フェアトレード品にコーヒーが多く見られるように、コーヒー豆生産の現場は雇用環境が劣悪であったり、賃金が低かったりすることが少なくありません。 生産者がコーヒー豆の流通経路に関して、この追跡プログラムなどを通じて知識を得ることで、経済的により独立し、活路を見出せる可能性も十分にあります。 アンハイザー・ブッシュ・インベブ 聞きなれない企業名のように感じられるかもしれませんが、アンハイザー・ブッシュ・インベブは「バドワイザー」や「ヒューガルデン」ブランドで知られる酒類メーカーで、ビール飲料の世界シェアは3割にも達します。 サプライチェーン内の製品追跡にブロックチェーンを利用し、主としてアフリカ農家の生活水準向上を目指しています。 システム導入以前は、現地の農家は収入証明の書類を持たず、銀行口座の開設もままならなかったといいます。 しかし農作物をサプライチェーンで管理することで、現地の農家はアンハイザー・ブッシュ・インベブのサプライヤーであることを証明できるようになり、銀行口座を開設できるようになったそうです。 このように、海外では消費者向けだけではなく、生産者に向けてもトレーサビリティシステム活用が期待されています。 現在は開発中のものも含めて多数のプラットフォームが併存しています。 この先ブロックチェーンプラットフォームは一つのものに標準化されていくのか、あるいは複数サービスがうまく住み分けて共存していくのか。 数年単位でどんどん進んでいくと期待される食品業界におけるブロックチェーンを利用した追跡システムに、今後とも注目していきます。
食品業界におけるブロックチェーンの可能性とは?③
2020.10.29

あなたは何を基準に買っている? 情報という付加価値を考えてみよう

今日はあなたの買い出しデー。あれもこれもたっぷりと買います。 そういえばバターがなくなってしまったので買わなくてはいけませんね。 ・国産、有塩、お手頃価格 ・外国産、無塩、発酵バター、グラスフェッド、奮発価格 おや、棚の前で手が止まりました。隣り合う、ずいぶんと価格差のある商品で迷っているようです。 同じバターなのになぜでしょう? 答えは、同じバターではあるけれども、ある意味では全く別物のバターだからですね。 特にあなたの気を引いたのは「グラスフェッド」という耳慣れない言葉です。 商品前のポップによると、grass=牧草 fed=育てられた を意味し、人工飼料ではなく牧草を食べて育った牛の乳で作られているバターとのこと。 緑広がる放牧場でのんびりと草を食む乳牛の姿があなたの目に浮かんでいるようです。 あ、あなたは外国産のグラスフェッドバターを手に取りました。「外国産」「発酵バター」「グラスフェッド」という情報にお手頃価格品との価格差を埋める魅力を感じたのでしょうか。 「情報」には価値がある 食品売り場に品物だけが並んでいて、価格以外に情報がないことを想像してみましょう。 外見からは推測できない価格差があると、選ぶ基準がなくて困ってしまいますね。 では逆に、少し未来を想像します。あらゆる商品にスマホをかざすと生産者からのメッセージ、生産方法、品質、その他さまざまな情報が画面に映し出されるとしましょう。情報が多すぎて逆に選べなくなってしまうかもしれませんが、情報がないことに比べると贅沢な悩みに思えませんか。 極端な例で考えてみましたが、「食べてみておいしかったからお金を払う」というシステムではない以上、その商品に対する情報は商品価値を左右するといっても過言ではありません。 オーガニック(有機栽培)、ケージフリー(平飼い)、NON GMO(非遺伝子組換え)などあまり詳しく意味は分からないけれども魅力的に聞こえるような付加情報をもつ商品も増えてきています。 あるいは生産者の顔写真が入っていたり、伝統製法を謳ったり、商品パッケージやポップには魅力を高めるための各種情報が記載されているのを目にしたことがあるはずです。 規制やルールが情報を守る 情報には価値がある、とすると、実際とは違うウソの情報を付加した商品を高く売ろうという悪い輩が現れるかもしれません。とんでもないことですが、昨今のニュースを見聞きするに皆無とも言い切れないのが現状というところでしょうか。 そのようなことがないよう、規制やルールが存在します。 代表的なものが食品表示法で、表示すべきこと、表示できる内容などが事細かに決められています。これにより、消費者が知りたい情報が同じ土俵の上に出そろいますので、比較選択が容易になると言えるでしょう。 しかしこれで万事解決というわけにもいきません。 法整備追いつかないまま、言葉だけが独り歩きしている場合もあります。 ITの発達により、外国の情報にも誰でもが一瞬でアクセスできる時代。 これからの時代は、消費者自身にも情報の真偽を見極めたり分析をしたりするメディアリテラシーの力が求められると言えそうです。 生産者・販売者の側から考えれば、情報を味方につけることが戦略上重要になってくることは間違いありませんね。
あなたは何を基準に買っている? 情報という付加価値を考えてみよう
2020.03.11

AI参入により飲食業界の人材不足の救世主になるか!?

いろんな業界で導入され始めている「AI(人工知能)」。飲食業界でもこのAIを導入する店舗が増え始めています。 凪スピリッツさんが運営する「ラーメン凪」さんではAIによる顔パスシステムを2019年2月に導入しています。こちらの機能は顔認証システムによりお客様の顔を認識して、「顔パス」でメニューを注文することが可能なサービスになっています。 秋葉原にオープンした業界初の寿司ブリトー専門店のオートメーションレストラン「beeat sushi burrito Tokyo」では価格設定はすべて時価となっていて、その日のメニューの素材などの条件によって、AIが価格を決めるみたいです。レジを打つスタッフや注文を受けるホールのスタッフもいなくAIを活用することで、全てのサービスを機能化しています。 現在、飲食業界では人手不足が大きな問題として直面しています。人手不足が原因で長時間労働が続いてしまたったり、営業時間を縮小したり、離職者が増えてしまったりなどの問題が連鎖的に続いてしまっています。 しかしこのAIの技術を活用すれば、「ラーメン凪」さんで導入している顔パスシステムだけではなく、さまざまな利用法が期待できるので飲食業界の働き方改革の一助になるのではないでしょうか。 スタッフの教育、多言語の接客、調理の自動化、配膳・下膳の自動化、遠隔操作や自動のロボット接客店、顔認証・キャッシュレス化などのさまざまな用途で活用することができます。 最近は、普段の生活の中でも「フードテック」という言葉を聞く機会が多くなってきました。 こういったAIなどのIT技術と食に関わる産業を組み合わせた取り組みをこの「フードテック」という言葉で表しています。この最新の技術を活かして、飲食業界の人材問題や食材品質などの問題を解決してくれることを期待していきたいです。 またLINEでは今後、AIを使った飲食店向けの電話自動応答サービスの提供を2020年にスタートすると発表していますし、これから飲食業界にもどんどんAIが導入されていくことでしょう。飲食業界が抱える大きな問題の人手不足解消の救世主として注目していきたいところです。
AI参入により飲食業界の人材不足の救世主になるか!?

新着レポートはこちら

NEW 2021.10.13

神秘的な青色「バタフライピー」の魅力

抜けるような夏空よりももっと濃く鮮やかな青。深海から緑っぽさを引いたような神秘的な青。瑠璃色、サファイアブルー、ロイヤルブルー。そんな青色のハーブティーがあるのをご存じですか。 それが、バタフライピーのハーブティーです。 <青色が身も心も癒す> バタフライピーは和名を「蝶豆(ちょうまめ)」という、大きく開いた花びらが蝶を思わせる青色のきれいな花を咲かせるマメ科の植物です。特にタイではアンチャンと呼ばれ、ハーブティーやカクテル、スイーツの色付けとしてポピューラーなハーブなのだそう。 この青色はアントシアニン色素の一種「テルナチン」によりもたらされます。テルナチンは非常に安定性が高く、酸化しにくいという特徴があります。この強力な抗酸化作用からは、目の疲れの改善や美肌効果、アンチエイジング効果、生活習慣の予防やダイエット効果などが期待できる可能性があるのです。 飲んで嬉しいこの成分が、見た目にも神秘的で美しい青色をしているなんてとてもロマンがありますよね。 さらに、酸を加えるとなんとこの青色が変化します。 レモンなどの柑橘の果汁を加えると、真っ青から赤みが加わって紫色に大胆に変化。青色も紫色も、変わる過程もどれもが映えること間違いありません! インスタグラムでは2021年8月末現在8万7000件を超える投稿がなされ、その魅力が広まりつつあります。 <沖縄県産品に期待> このバタフライピーを沖縄の活性化にいかそうとする動きもあります。2021年3月には「バタフライピー産業推進団体」が設立され、13団体が加盟しました。今はまだ沖縄県内での年間生産量はおよそ8トンですが、今後5年で栽培農家を増やし、500トンを目指すとしています。 バタフライピーは収穫する部分が花なので軽く、収穫も容易なことから耕作放棄地の活用や障碍者雇用にもつながるのではないかと期待されます。 コロナ禍の終息がなかなか見えてこない中ですが、沖縄県産のバタフライピーは通信販売などでも購入できます。 実際に足を運んで、目の前に広がる青い海とバタフライピーの青色を楽しむのはもちろん素敵です。 たとえ旅に出るのが難しくても、自宅にいて沖縄県産バタフライピーのハーブティーで美しい沖縄の海に思いを馳せる。そんな小さな沖縄体験も楽しそうですね。 なお、バタフライピーはノンカフェインですが、子宮収縮作用や血小板凝固抑制作用もあります。 1日に1杯程度であれば過度に心配する必要はありませんが、その作用には個人差がありますので生理中や妊娠中には避けた方が安心できそうです。
神秘的な青色「バタフライピー」の魅力
NEW 2021.10.11

プラスチック製スプーンの有料化⁉ その概要とは

プラスチック製スプーンの有料化とは レジ袋の有料化に続き、プラスチック製のスプーンなどの有料化への動きが進んでいることをご存知でしょうか。今回は、その概要や2021年春に成立した「プラスチック資源循環促進法」について紹介します。 2021年3月9日、プラスチックごみの削減を目指して「プラスチック資源循環促進」が閣議決定されました。それに伴って、コンビニエンスストアやファーストフード店などで提供される、プラスチック製のスプーンやフォークなどの有料化や代替素材への移行が検討されています。 身近なところでは、2020年7月に全国一斉でレジ袋が有料化されたことは記憶に新しいと思います。ここから、使い捨てプラスチック製品を減らそうとする動きが加速しています。最近、プラスチック製ストローから紙製のものへと変更する飲食店などが増えつつありますが、こうした変化もその一部といえるでしょう。 プラスチック製スプーンの有料化に対しては、賛否両論のいろいろな声があります。賛成側の意見としては、「慣れれば当たり前になる」「以前から使い捨ては『もったいない』と思っていた」など。逆に、反対側の意見としては、「常に携帯しておくのは面倒」という消費者の声だけでなく、「スプーンを使う商品の売り上げが落ちるのでは」「スプーンの代わりに箸をくださいという人が増えるのでは」というお店側の声もあります。 代替素材のスプーンとは プラスチック製スプーンの有料化への動きにあわせて、代替素材を使ったスプーンが続々と登場しています。たとえば、天然バイオマス材料など土に還る素材を使って作られたスプーンの開発なども行われています。見た目は、プラスチック製のものとほとんど変わりませんが、使い終わった後は微生物の働きによって自然に分解するとされています。従来は、こうした素材を使うと強度や耐久性が確保できないというデメリットがありましたが、そうした点も克服すべく研究が重ねられています。 また、トウモロコシなどの食材を使って作られたスプーンも注目を集めています。スープなどを食べる際にこのスプーンを使った後、そのまま食べたり、適度な大きさに割って料理に使ったりすることもできます。トウモロコシ以外に、じゃがいもの皮を使ったスプーンなども登場しています。通常廃棄されてしまう部分を有効活用できるのも、大きな魅力です。 代替素材のスプーンと聞くと、難しそうなイメージを持つ人もいるかもしれません。でも実際には、ユニークな特徴を持ったものも多く登場しています。プラスチック製スプーンの有料化に関する動向を、これからもチェックしていきたいと思います!
プラスチック製スプーンの有料化⁉ その概要とは
NEW 2021.10.06

おにぎらずが進化!「折りたたみおにぎらず」の無限の可能性

おにぎらずは2014年頃に大流行しました。 その発祥は「モーニング」(講談社)で連載されている人気漫画「クッキングパパ」。なんと30年も前の1991年掲載の第213話(単行本第22巻に収録)にさかのぼります。 そんなおにぎらずはブームを経てある程度の定着を見せました。 そして2021年、おにぎらずはさらに進化して新たなブームを巻き起こしています。 <パタパタとたたむ> おにぎらずは板海苔の中央にご飯を盛り、具を重ねて海苔で包むのが一般的な作り方です。 これが進化したのが、折りたたみおにぎらず。たたみおにぎらずともパタパタおにぎりとも呼ばれているようです。 おにぎらず同様ご飯を握らない作り方なのですが、おにぎらずとの相違点は海苔での包み方にあります。 板海苔の中央下半分に切れ目を入れて、4分割したエリアにご飯、具を乗せてパタパタと折りたたみます。こうすることで海苔が一面のみ何重にもなることがなくなり、食べやすくなりました。それだけではなく具材の水分や味の混ざりに対して、間にはさまる海苔がクッションの役割を果たしてくれます。 すべての側面が切れ目のない海苔で覆われるわけではなくなってしまいましたが、ラップで形を整えれば特に困ることもありません。きれいな断面が映えるのも折りたたみおにぎらずの醍醐味ですが、ラップごと切ると形も崩れず上手に切ることができます。 逆にごはんやおかずを乗せすぎるとその厚みがマチとしてとられてうまくたためないことから、食べやすい大きさの折りたたみおにぎらずになるとも言えます。上手に作るコツは「厚みの意識」ということになるかもしれません。 4分割したエリアのうち、右半分にご飯を配置するとします。左下から上に、右に、下に、と時計回りに順にたたんでいけば、右半分のごはんで両側を挟むことができます。この時、縦横の中央、十字部分はマチになるので、ご飯は四分の一のマス全体ではなく、中央側は少し控えてなるべく薄く盛るようにしましょう。 もちろん1マスだけご飯にしておかずをたくさん入れても構いません。アレンジ自在な折りたたみおにぎらずはどこまでも懐が深いのです。 <アレンジ自在> 具についても決まりはなく、自由自在です。長時間保存せずすぐに食べるのであれば生野菜を加えるのも良いでしょう。ご飯、おかず、生野菜と多彩な歯ざわりが楽しめます。 お弁当にする場合には、傷みにくく水分の出にくい具がおすすめです。普段お弁当用冷凍食品でお弁当箱を埋め尽くしている場合には、同じおかずでも折りたたみおにぎらずにするだけで目先が変わります。食べやすいので、運動会や遠足など屋外でのお弁当にもぴったり。きれいな断面が食べる人の食欲をそそることでしょう。 ご飯を酢飯にして、手巻き寿司ならぬ折りたたみ寿司にしたり、韓国風海苔巻きキンパを折りたたみキンパにしたりも大人気。 「折りたたみおにぎらず」で検索すれば、さまざまなアレンジが広がっていることを実感できます。   海苔を飛び越えた更なるアレンジとして、生春巻きの皮や薄焼き卵などの円形の形を活かし、クレープのように包むものもあるのだとか。 この先もおにぎらずの進化は進んでいきそうですね。
おにぎらずが進化!「折りたたみおにぎらず」の無限の可能性
NEW 2021.10.04

健康志向の人たちに支持される「酵素玄米」とは?その効能と作り方

酵素玄米とは? 玄米を寝かせて作る、酵素玄米。美と健康に意識の高い人たちを中心に、少し前から人気を集めています。酵素玄米とは一体どんなものなのでしょうか。今回は、酵素玄米の概要や効能、簡単な作り方についても紹介します。 酵素玄米は、玄米を小豆などと一緒に炊いた後、3日程度保温して寝かせて作られます。玄米に含まれる酵素の働きにより、普通の玄米に比べて栄養価が高まるとされています。酵素玄米が人気を集める主な理由として、「食べやすい食感」があります。寝かせて熟成させることによって「モチモチ」の食感に変化するため、玄米独特の「ボソボソ」した食感が苦手な人もおいしく食べることができます。 また、酵素玄米は普通の玄米に比べて消化しやすいのも大きな魅力です。「玄米を食べるとお腹を壊しやすい」「消化できないので玄米は控えている」という人にも支持されています。 酵素玄米のつくり方 酵素玄米を作るために、特別な道具は必要ありません。家庭用の炊飯器があればおいしく作ることができます。では早速作ってみましょう! 用意する材料は、玄米3合、小豆30g、自然塩小さじ1です。玄米と小豆を水で洗ってから、ボウルに入れて泡だて器などで3~5分間混ぜて、玄米の表面に傷をつけます。その後、6時間以上浸水させて、炊飯器で炊きます。 玄米が炊き上がったら15分程度蒸らした後、しゃもじなどで底からしっかりと混ぜて、3日程度保温します。保温している間は、1日1回混ぜるようにします。この混ぜる作業を省くと、玄米が固くなったり味が落ちたりしてしまいます。できあがった酵素玄米は、10日以内に食べるようにしましょう。もし食べ切らない場合には、小分けにして冷凍保存するようにします。もし異臭や異変を感じる場合には、腐敗している可能性もあるので処分するようにしましょう。 玄米を食べる時に気になるのが、残留農薬の問題です。お米に残った農薬は胚芽やぬかの部分にたまりやすいといわれています。精米することで取り除かれる部分ですが、玄米の場合は農薬が残っているとそのまま体に入っていきます。玄米を使用する際には、農薬残留検査を行ったものを選ぶなど、意識するようにしたいですね。 昨今注目を集めている酵素玄米は、自宅でも簡単に手作りできます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
健康志向の人たちに支持される「酵素玄米」とは?その効能と作り方
NEW 2021.09.29

トクホ?機能性?栄養機能?保健機能食品を理解しよう!

いつも行くスーパーの陳列棚、食品の品ぞろえを想像してみてください。数えきれないくらいの商品が並んでいて、手に取ったことのないものも多いかもしれませんね。 食品を選ぶ決め手は何でしょうか。価格やパッケージから受ける印象、広告を見たり知人に勧められたりと人それぞれにさまざまな決め手があるでしょう。 中には万歳した人の躍動感あるシルエットが特徴的な「トクホ」マークを決め手に商品を選んだこともあるかもしれません。 マークがついてないものに比べるとトクホ食品は多少高価格帯になるようです。その価格差の根拠を知ることなく「何か特別なマークがついているから効きそう」といったふんわりしたイメージで選んでしまいがちなトクホ食品。 そこで今回はトクホを含めた「保健機能食品」について正しく理解できるよう、解説レポートをお届けいたします。 <保健機能食品って?> せっかく食べるならば健康にいいものを食べたい。それは誰しもが願うところですが、では「健康にいいもの」はどれかと言われると客観的な基準を明示することは難しいですね。 巷にはさまざまな健康食品が存在しますが、これは販売する側が「健康食品です!」と決めているものですので、購入する側から比較検討する統一された基準のようなものはなく、個々がそれぞれに自己判断して購入するしかないという難しさがあります。 そこで平成13年に厚生労働省によって「保健機能食品制度」が創設されました。 この保健機能食品は「特手保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」を含み、平成27年には「機能性表示食品」が加えられました。 <特定保健用食品(トクホ)> トクホは製品ごとに国の審査を個別に受け、内閣総理大臣に許可された食品です。表示している効果やその安全性について、消費者庁を中心とした機関が個別に詳細な審議を行った上で許可されるものですので、言ってみれば国が個別にお墨付きを与えた商品とも言えます。 ただしトクホとはいえあくまでも食品ですので、医薬品のような効能を期待するべきではありませんし、大量に摂取したからと言って大きな効果が出るわけではないことに注意が必要です。 <栄養機能食品> 栄養機能食品はビタミンやミネラルなどの栄養成分が国の定めた基準を満たす場合に表示できます。トクホと異なり個別の許可申請は必要ありませんが、一定の基準を満たしているという客観的な指標になります。 <機能性表示食品> 機能性表示食品は商品を発売する前に消費者庁に届け出をする必要があります。届け出る内容は企業の基本的な情報や機能性の根拠、安全性、生産や品質の管理などについてとなり、消費者庁が書類に不備がないことを認めて届け出番号を付与すると「機能性表示食品」として販売できます。トクホでは開発コストが大きすぎて参入が難しかった中小企業から多くの機能性表示食品が認可されています。 消費者庁の「機能性表示食品の届け出情報検索(https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/)」で商品名や機能性で検索できますので、活用してみてくださいね。
トクホ?機能性?栄養機能?保健機能食品を理解しよう!