シェアシマが発信する「食品開発者のための専門メディア」
業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届け!

menu icon

人気のタグはこちら

話題のスーパーフルーツ「マキベリー」とは

2022.05.31

スーパーフルーツとして昨今注目を浴びている、マキベリー。ポリフェノールが多いことで知られ、その含有量は少し前に人気を集めた「アサイー」を超えるといわれています。ほかにもさまざまな美と健康に意識の高い人たちの間で話題になっています。今回の記事では、マキベリーとは何かと簡単な食べ方を紹介します。

マキベリーとは

マキベリーとは、チリのパタゴニア地方に自生するホルトノキ科の植物の果実です。この地域で暮らす先住民族が昔から食用や民間療法などに使用してきたといわれています。食用としてはジュースやジャムに、民間療法としては解熱剤などに利用されてきました。また、結婚式や出産などの儀式に神さまにお供えする食材として使われており、神聖な木として認識されています。

ポリフェノールの含有量が多いことで知られるマキベリーですが、その量はアサイーの5.4倍、ブルベリーの14倍にもなるといわれています。ポリフェノールのなかでも特に多く含まれているのが、アントシアニンです。アントシアニンは、眼精疲労の予防に効果が期待できるとされています。

このほか、マキベリーにはビタミンAやビタミンC、ミネラル、鉄分、カリウムなども多く含まれています。強い抗酸化作用を持つとされ、アンチエイジングなどにも効果が期待されています。また、栄養が豊富に含まれることから「スーパーフルーツの王様」とも呼ばれています。

マキベリーの簡単な活用法

日本では、生の状態のマキベリーはほとんど見かけることがありません。乾燥させてパウダー状になったものやサプリなどが多く、インターネット通販などで入手できます。マキベリーは、その名前からも想像できるように、ベリー系の味わいがあります。甘酸っぱい香りがあり、比較的食べやすいのが特徴です。

マキベリーパウダーの手軽な使い方としては、ヨーグルトやアイスクリームの上に振りかけたり、スムージーなどに加えたりする方法があります。また、パンケーキや焼き菓子などの生地に加えるのもおすすめです。

栄養価が高いことから話題を集めている、マキベリー。普段の食生活にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。